aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

image


ご訪問ありがとうございます。

3泊4日の予定だった、実家滞在。
来てみると楽しくて、
結局1泊増やして4泊5日することに。
明日帰る予定です^^


図書館でふと手にした
”パリのエレガンスルールブック”。
こちらの本自体は、
2年程前に出版されたモノですが、
訳の土台となったオリジナル版は、
1964年に出版された“エレガンス”。

パリのオートクチュールの世界に長年身を置いた、
Genevieve Antoine Dariauxが著者です。
長年にわたりエレガンスを追求する女性に愛され、
日本でも形を変えて何度も訳書が出ています。


40才も過ぎ、
若さを武器にした装いも出来なくなって久しい今、
年相応のファッション、
立居振舞いが出来る女性になることが目標。
でも、気付けば楽さを追求した服装ばかり…

この本は、そんな私の襟を正してくれました。

フランスには、
「エレガンスは年齢を重ねた人の特権」と言う
ことわざがあるそうです。

若さが特権になりがちなファッションの世界において、
年齢を重ねることでこそ出来る成長があるなんて…
アラフォーの私にとって朗報です。


これからは、自分に相応しいおしゃれを、
エレガンスを追求しながら楽しみたいと思いました。
それには姿勢や所作も気を付けなくては〜
道のりは遠いけれど、
先ずは心掛けることが大事!と肝に銘じて^^




※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

image


ご訪問ありがとうございます。
お盆休み中の関東は晴れの予報でしたが、
なんだかすっきりしない天気が続いています。
涼しくしく過ごしやすいのはありがたいのですが…


健康と体力つくりのために、
週1〜3回のジョギング続けています。

最近は暑くて日中は走れないので、
走れる時は夫と一緒に早朝に。


私にとって運動は、
子供の頃から苦手なもの、
極力関わりたくないもの…、でした。
何とか続いているのは夫の励ましもあるから。

夫は褒め上手で、
一緒に走っていると、
「結構速いじゃん」と声を掛けてくれます。
明らかに遅いのに…(笑)

しかも、「速い」と言うと嘘になってしまうので、
”結構”を付けるあたり我が夫ながら、
「流石〜」と思ってしまいます。

私はなかなか感謝や褒め言葉が出てこないので、
すんなり言葉に出来る人を羨ましく思います。


人は幾つになっても褒められるとやる気が出来ものですね^^
これからも夫婦ジョギング、
続けて行きたいと思っています。



現在実家に滞在中。
姉・妹家族も揃い、
賑やかに過ごしています♪

こちらは、
妹が娘たちに作ってくれたトップス。
ブルー系ばかりのワードローブに、
ほんのり甘いベリーカラーが加わりました。
ちらりと見える花柄も素敵^^


image



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ご訪問ありがとうございます。


今日は、アクセサリーの保管方法について。

アクセサリーは、
着用後の皮脂・化粧品等の汚れや空気中の物質が付着し、
金属が曇ったり、
変色することがあります。

着用後に綺麗な布で優しく汚れを拭うことで、
大分軽減されますが、
保管方法に気をつけると更に綺麗に保てます^^


注意点は、
・アクセサリー同士で傷を付けないように、
仕切り付きのケース等で個別に収納する。
※特にダイヤモンドは強度があり他の石や金属に傷を付ける恐れがあるので、注意が必要です。
・布や柔らかい素材の上に置く。(傷防止の為)
・ 空気中の汚れを避ける為、ケースや密閉容器に入れる。

ロングネックレス等はチャック付きの袋に一つ一つ収納すると、
絡まり防止にもなります。


”見せる収納”は汚れが付きやすく、
オススメしませんが、
お気に入りのアクセサリーを「見て楽しみたい」
という方もいらっしゃると思います。
その際は、こまめに汚れを払う、
ディスプレイするアクセサリーをローテーションさせる等、
ケアをすると良いと思います^^


こちらは私の収納方法です。
image

安価な100均のケースにゴールド系、
シルバー系と分けて収納しています(写真左)。
ロングネックレスはクルクルと丸めて空き箱の蓋に(中央下)。

スペースの問題で、
本真珠のネックレスを除き、
購入時のケースは全て処分しました。

余計な汚れをなるべく付けない為に、
アクセサリー類は出かける直前に着け、
帰宅後すぐに外せるように、
私は玄関に一番近い場所に設置しています。
タンスの浅い引き出し1段が私のアクセサリー置き場です。


メッキ、ゴールドフィルド、シルバーや14Kに限らず、
使用すれば少なからず曇り変色が出てきます。
少しのケアで、長く愛用出来たら良いですね^^



ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。


一瞬「ジャポニカ学習帳?」と思った方、
多いかと思います(笑)
発売から40年以上に渡り、
表紙を撮影されてきた方の著書です。
(現在は”お花”のみの写真になってしまいましたが…)

実家の母、お勧めの本なんです。
私に勧めると言うより、
「読んで娘に噛み砕いて説明してあげて欲しい」と言われました。
色んな世界に触れて欲しいと言う思いからでしょうか…?


しかし、世界には珍奇な虫たちが沢山いて驚きます。
蘭の擬態をするカマキリ(表紙写真)、
蝶の幼虫を育てる蟻、糞を処理する糞虫、等々。

小さいだけに、
見つけて生態まで調べるのは至難の技。
それでも、著者が忍耐強く観察を続けた結果、
分かったことが推測も交えて書かれています。


私は子どもの頃から虫が苦手。
母の勧めがなかったら、
この本にも決して手を出さなかったでしょう。

でも生態を知ると、
漠然と苦手だった虫たちに対して、
親近感すら湧いてきます。
彼らにも彼らの生活、世界があるのだと…


最近は毒を持ったヒアリが日本各地で見つかり、
長女も学校で「無闇に虫に触らないように」と言われたそうです。
でも、本来子どもたちは好奇心旺盛なもの。
そこから色々と発展させていくのだと考えると、
闇雲に”No"とは言いたくないのです。

言うなら正しい知識を得てから、
そしてそれを子供と共有してから、と思っています。
”危ないから”で済ませると、
蟻(虫)=危険と言う図式すら出てきてしまうかも知れません。

虫も私たちも自然の一部。
そんな取っ掛かりを作る意味で、
この本はオススメです。
子どもたちと共に、虫たちの世界を覗いてみて下さい^^



今日から3泊4日の予定で実家に滞在します。
娘たちは、従弟たちと遊ぶのを楽しみにしていました。
私は、ちょっと日常から開放されるかな〜と、
期待してます^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ご訪問ありがとうございます。

昨日は母子3人で歯医者へ。
次女と私はメンテナンスでしたが、
長女は乳歯を抜いて貰いました。

今までのところ3本全て、
抜ける前に後ろから永久歯が生えてきています。
1本は自然に抜けましたが、2本は歯医者さんのお世話に。
顎が小さいようなので、
その影響か、永久歯が乳歯の真下から出てこないようです。

歯医者さんには、
「全体的に、今の子は顎が小さく、
永久歯が綺麗に収まらないことが多いので、
将来矯正が必要になる…」と
言われたこともあります。

今は様子見です。


掲題の歯科矯正は、次女のお話。

掛かり付けの歯医者さんで、
顎周りの筋力が少ないと指摘されました。

次女は鼻腔に問題はないものの、
鼻水がすぐ粘液性になり、
小さい頃よく鼻を詰まらせていました。
それが影響しているのか、
普段口を開けていることが多いのです。


確かに、食事が極端に遅かったり、
(一生懸命食べているのに)
口を開けて咀嚼したり、
「口を閉じて」と言われても上手く反応出来なかったり、
思い当たる部分が…


今回は歯の矯正と言うより、
その前段階で、
アゴ周り(口含め)の筋力を上げる補強器の使用を勧められました。
乳歯用のマウスピースで、Infant Trainerと言うシリコン製。
一日数十分装着することで、
口を閉じ、自然な鼻呼吸を促します。

保険の適用外なので、
年間で5〜7万円程度でしょうか。


歯科矯正について、
夫と私の考えは大方一致しています。
芸能人のように完璧な歯並びは求めないものの、
将来容姿のことで嫌な思いをしない程度に…と考えています。
(とは言っても、金銭的に折り合いが付くところまでですが。)



しかし、成長過程の子ども、
何かとお金が掛かります(苦笑)

今日は眼科で長女の視力の低下を指摘されました。
既に眼鏡を持っていますが、
手持ちのモノだと両目でも0.2〜0.3しか見えていないそうです。
手元用に現在の眼鏡を、
外出用に新しい眼鏡を、と言われてしまいました(沈)



今日の娘たちとのお昼ごはんは、
予想以上に眼科に時間が掛かり、
久しぶりにモス・ランチ。
ハンバーガーを食べるなら”モス”と決めています。
折角なら美味しいもの、
安全なものを食べたい…との思いから^^




※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日は台風5号の影響で天気が大荒れ…と、
思ったら関東は結局すっきりとした青空になりました。
今回の台風、何度も進路を変えたり、
自然の気まぐれを代表するかのようです。


先週読み終えた、伊坂幸太郎の”終末のフール”。
小惑星の衝突による地球の滅亡を3年後に控えた、
仙台のとある団地に暮らす人々の日常が、
短編で綴られています。

略奪や殺人などの大混乱を経て、
一時的に平穏な日々を取り戻した人々の
それぞれの人生哲学が詰まった物語です。


実際には、ありそうにない設定ですが、
余命宣告などで”人生が区切られる”ことは
現実にもありえます。


人は”先がある”と思うから、
生きることが当たり前に、
有り難みのあるものとは感じられないのだと思います。

でも、死が迫っているとしたら、
突然”生きる”ことが輝いて見えるハズ。


又、時として”生きる”意味を見失ってしまったり、
苦しくなってしまったりしますが、
それは”生きる”意義を問いすぎているのかも知れません。

ただ与えられた環境で生き続けること、
それこそが生きる意味なのではないでしょうか?

そんなことをつらつらと考えられる、
内容の濃い小説でした^^


image

今日の娘たちとのお昼ごはんは、
長女リクエストのたらこスパゲッティ。

牛乳と溶かしバター、
バラした”たらこ”を混ぜたものに、
茹でたスパゲッティを和えるだけ。

とっても簡単で、
材料もシンプル。
失敗知らずの楽ちんメニューです^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

気付けば夏休みも3週目に入り、
お盆も間近に迫ってきました。


長女の学校では、
夏休み中の自由課題(研究)の提出は1点以上。
絵を描いたので、ノルマ(笑)は達成ですが、
もう1点制作することに。

「ミシンで縫い物がしたい!」と以前から言っていたので、
自分用にカバンを作成しました。


表布は2種類の布をはぎ合わせ、
縫い目には飾りのレースを縫い付けます。
裏地付き。

image

自分で大きさを決め、
柄の出方を考えて裁断。
まち針付けからミシン縫いまで、
一応全てやりました。
(手伝ったのは、持ち手と、
仕上げの落としミシンくらい。)

「真っ直ぐに縫えない…」と、
何度もミシンを止めては縫っていましたが、
なかなか上手に出来ました。

初めての制作で、
2枚接ぎはハードル高いかな?と思ったものの、
工程が少し増えるだけ。
2日間で完成しました。
(途中集中力が途切れ、2日間に分けましたが)

しかし、小2でミシンって使えるものなんですね。
「まだまだ無理…」と思って触らせていませんでしたが、
年中さん(しかも男の子)のママから、
「やらせてるよ〜」と聞き、今回踏み切りました。
何でもやらせてみるものです^^


そして、これで終了〜、ではありません!
折角色々寸法計算などしたので、
制作過程をレポートにまとめることにしました。
題して”日常生活に潜む算数”です(笑)

仕上がり寸法に縫い代を足し、
はぎ合わせる布の寸法を計算したり、
沢山足し算引き算が出てきます。

”学校で習ったことが実生活に生きる”
これって、貴重な体験です。
勉強って、何の為にやっているのか見失う時がありますが、
実際の生活に落とし込めれば、
勉強の意味も見えてきます。

長女は、私がこのように計算しながら作っていることに、
正直驚いたようです。
見ているだけじゃ分からないものです^^


さて、カバンは出来上がったので、
レポートの仕上げを明日以降したいと思います。
自由課題は親子の共同作業…、
もうひと踏ん張り頑張ります!


image

今日の娘たちとのお昼ごはんは、
夏休みのお昼ごはんとしてはベタな”冷やし中華”。
きゅうりに、ハム、トマト、カニカマ、卵を乗せて。

一皿で3色の栄養素、全てが摂れます。
子どもたちは、
黄色(炭水化物)、赤(タンパク質)、緑(野菜、その他)と、
大まかな分類を幼稚園で習ってきています。
どれが体のエネルギーになるのか、
血肉になるのか、
一つ一つ確認して食べていました(笑)

最近の子どもたちは、
栄養素についても知っているんですね〜
私の子ども時代とは大違いです^^


※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ