昨夜放送の、
”世界!ニッポン行きたい人応援団”(テレビ東京)を観ました。
日本の伝統工芸、”組紐”をこよなく愛する、
フランス人女性が渡日。

英語で書かれた本を頼りに、
独学で組紐の技術を習得。
感覚的なモノが分からない…と、
本業の職人さんに付いて学びます。

番組を観ていて、
彼女の組紐に対する情熱がひしひしと伝わってきました。
”組紐”について話す時の幸せそうな表情、
取り組む時の真剣な様子、飽くなき探究心…

好きだからこそ、苦もなく続けられるし、
躓いても立ち止まらず、進み続けられる。
”のめり込む”とはこの事か、と今更ながら思いました。
そんな”のめり込める”対象を見つけた彼女は
とても幸せそうでした。

よく”好きこそものの上手なれ”と言いますが、
”好き”と言う気持ちが、上達には一番の近道です。
そして、不滅の原動力になります。
仕事にした途端好きでなくなった…と言うのは、
それが本当の情熱の対象では無かったのだと思います。


ある本に、
「一個人が世界に貢献できることは、
その人が生まれてきた使命に気づき、それを生きること、
ただひとつ。
それは、”自分のすきなことをやる”だたそれだけ。」と
書かれていました。

人生において、心からの”好き”を見つけられた人は
幸せです。
そして、それは誰でも見つけられるものだと思います。
心にの声に耳をすませ、もう少し自分に正直になれば…^^


おまけ
昨日咲き掛けだった我が家のブラザー・カドフィール。
一日で綺麗に咲きました。

BlogPaint

丸みのある形と、淡い色合いが
とても可愛らしい^^


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村