青い鳥 handmade jewels

シンプルで小ぶりなアクセサリーを制作しています。 少しでも幸せを感じて貰える、 そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、アクセサリーや販売に向けた情報、 日々に感じていることなど発信しています。

カテゴリ:販売に向けて > 撮影方法

BlogPaint

販売当初から、ピアスの撮影用に、シンプルなピアススタンドを探していました。
幾つかに絞り込めていたものの、最終決定が下せずズルズル…
そんな時にCreemaでピッタリのスタンドを見つけました。
しかも、破格のお値段で!

メタルクリエイターの”unerikagu"さんの作品です。

ピアス撮影用スタンド(スタッド)(フック)

1 (54)

(高)150x(幅)100x(奥行)25mmのサイズで販売されていますが、
サイズは柔軟に対応頂けます。
因みに、私は(高)120x(幅)65mmでお願いしました。
(あまり大振りな作品は作りませんので^^)
しっかりと重量感のある作品で、とても¥500(送料別)とは思えません。

冒頭画像で背後に写っている、木を模したピアススタンドは、
100均(ダイソー)で購入したものです。
こちらも”間に合わせ”の割には良かったのですが、
黄味がかった白がどうしてもバックと合わず(沈)
(作家さんによっては上手に使いこなしていらっしゃる方も居るので、腕次第かと。)

これで道具は大分揃いました。
後は販売に向けて試行錯誤するのみ!
自分のギャラリー・イメージが大分固まってきたので、
それをどう形にするのか…も今後の課題です^^


※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint

昨日の宣言通り、今日は作ったピアス3点の撮影をしました^^

撮影には、アイロン台(高さが丁度良く、移動が楽)や白い厚紙(レフ板代わり)、
自作のキット(作り方は こちら)を使います。
カメラは、夫のNikon DXを使用。

時間は午前10時〜11時。
東南に面した我が家では、陽が射すのが午前中のみなので、
次女を幼稚園へ送ったらすぐ撮影開始。
一番光の差すリビングの窓を光源にし、垂直方向に台をセットします。
作品のベストショットを撮るべく、毎度あれこれ試行錯誤し、
あっと言う間に時間が経ってしまいます(汗)

こんな感じに撮れました↓

1 (117)

1 (118)

 これからベストショットを選んで、画像処理してからminneへ出品します。
投稿は明日からボチボチあげていく予定です^^


今日はこれから娘2人と公園へ行ってきます!
1時間位しか遊べないけれど…


※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint

撮影用キットを自作してみました。
(自作と言っても、私ではなく、殆どの作業は夫が…)

構造は、「minneで売れる作品ガイド」内で紹介されている、
”簡易キット”を参考にさせて頂きました。


◆材料
 DAISO製品のPPシート390x550mm(四切画用紙より一回り大きい)
 テグス2号
 セロテープ
 好みの用紙
 
image

◆道具
 目打ち(PPシートに穴を開けます)
 定規
 インクの出なくなったボールペン(折り線を付けます)
 クリップ 1、2個

◆手順
 ①PPシートの真ん中にボールペン(インクの出ない)で筋を付けます。
 多少力がいります。
 ※カッターだと切れてしまったり、折った時に割れてしまう恐れあり。
 ②PPシートの四隅に目打ちで穴をあける。(テグスを通すだけなので、小さく)
 ③筋の通りPPシートを折り曲げ、角が直角になるようにテグスを張る。
 テグスは穴から抜けないよう玉結びにし、補強の為上からセロテープで留める。

image
見辛いですが、左右の上から下にテグスを2本張ってあります。

 ④好みの用紙を折り曲げずに垂らし、クリップで上部に留める。

image

シンプルですが、一応用紙にはこだわっています。
以前は硬いトレーシングを使っていましたが、
「作品のイメージとは違うな〜」と感じていたので、
今回はふんわりした嵩高の紙を選びました。(現在2種類で悩み中)
色も、蛍光白色ではなく、柔らかい白です。

ハンマートーンGA

image

サガンGA

image


minneさんで出品するにあたり、撮影を色々と工夫したものの
イマイチしっくりこず…
"Pickup"写真をチェックしては構図を考えるのですが、
自分の作品にあった撮り方をしないとダメだと分かっただけ。
まずは小物で演出するより、白い背景でシンプルに写すことにしました。
※「迷ったら白い背景で試せ!」と言うアドバイスはあちこちで見ます。
さて、このキットを使ってどんな作品写真が撮れるでしょうか!

まだ撮影出来ていない作品があるので、
お天気を見ながら近日中に撮ってみようと思います。
因みに、画像に使用しているピアスも新作。

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

作ったモノを実物通り(色味や質感)に撮るのは、本当に難しいです。
他の手作り作家さんがブログや販売サイトで載せている写真はどれも素敵なのに...
少しでも良い写真が撮りたくて、こちらの本を購入し、勉強しています。


CRAFT PHOTO LESSON -ハンドメイド雑貨、売りたい商品をすてきに見せる写真の教科書
Heidi Adnum
ビー・エヌ・エヌ新社
2012-09-19



著者はオーストラリア在住のプロのカメラマンで、自身も作家です。
カメラ選びの基礎から、マニュアルモードでの撮影方法、撮影キットのDIY方法など、
手作り作家なら知りたい撮影情報が満載です。

また、撮影の他に作家としての視点で書かれた、
マーケティングやコンセプト設定なども、とても参考になりました。
一つ一つの作品が技術的に上手く撮影出来たとしても、
全体としての統一感がなければ、買い手は混乱してしまいます。
(作品の特徴より写真の違いに目が行ってしまうため)

実店舗のように商品を触って確かめられないネット販売では、
写真が一番大事なセールスツールです。
撮影技術を高めると同時に、私らしいスタイルの写真を模索したいと思います。

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^ ^

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ