青い鳥 handmade jewels

”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。   身に着けることで幸せを感じて貰える、 そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、アクセサリーや販売に向けた情報、 日々に感じていることなど発信しています。

カテゴリ: 幸せへの道

最近、小2の長女が”オシャレ”に目覚め、
「女子力アップレッスン帳」なるものを読み始めました。
何日か考えていたようで、
どうしても「欲しい!」と、自分のお小遣いで買いました。

対象は小学4〜6年くらい。
洋服のコーディネートやヘアアレンジ、
更にはメークの仕方まで載っています。

私の子ども時代とは比べ物にならないくらい、
今の子ども達はオシャレする環境が整っています。
大人顔負けの洋服や靴、
子ども向けのマニキュアやリップ…。
何でも、そしてプチプラで手に入ります。


私は、”オシャレ”自体は良い事だと思っています。
毎日を楽しく、ご機嫌に過ごすためにも。

でも残念なことに、
長女は本を読むことで理想と現実のギャップを知り、
”ないものねだり”をし始めました。

自分に取り入れられるモノを探すのではなく、
理想を見つけて近づこうと努力する。
しかも理想の相手はマンガ。
絶対叶いませんよね(苦笑)

私の目から見たら、
すべすべお肌に、細身で長い手足、サラサラの髪、全てが完璧なのに!


ないものねだりをすると負の連鎖に陥ります。
なんで私は低いんだろう(もっと高かったら素敵に着こなせるのに…)、
目が悪いんだろう(良かったらサングラス掛けられるのに…)。

全部自分のことです(笑)

でも、ないものねだりをする人は、
例えそれが叶ったとしても、
その時はその時でまだ他の”ないもの”を探し出してくるものです。

何にせよ、自分に備わったものは最高ではないけれど、
最良なんだと思います(自分にとっての)。

それを活かすも殺すも自分次第。
背が低いことを嘆くより(どうせ高くはならないんだから!)、
背の低さを活かした着こなしを研究するほうが、
余程自分を素敵に見せられます。

これから先も、長女は今以上の理想と現実のギャップに出会うでしょう。
でも、悪いところばかり気にするのではなくて、
自分の良いところに目を向けて欲しいと思います。
雑誌のモデルやアイドルみたいになる必要はないんです。
一個人として、素敵に輝ければ十分!
そんなオシャレを目指して欲しいと思っています^^


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

楽しんだ方が得と思いながらも、
”頑張って何かを成し遂げるのが人生の意義”だと、
ずっと思っていました。
自己啓発本大好きです!(笑)

特に、何かを始める時、夢に向かって進んでいる時、
「ここまで頑張ってから楽しもう」
「これが軌道に乗ったらゆっくりしよう」と、
楽しむことは後回しに…

何のために耐えているのか。


私含め大半の人は、
この先も普通に人生が続くと思っています。
でも、確実に生きられるのは”今”のこのときだけ。
今を楽しまず、”いつか”を待っていても、
そのいつかは永遠に来ないかも知れません。

もちろん、頑張ることも必要です。
そんな時にもほんの少し、例えばコーヒーの香りを楽しむ心の余裕があれば、
人生が変わってくると思います。

頑張るだけでは辛い人生になってしまいます。
頑張っている時でも、”楽しみ”は見つけられると思うんです。
要は気持ちの持ちよう。

人生を楽しんでいる、生き方上手な人は、
そんな幸せスイッチを各所に散りばめているんだと思います。

私も偉そうなことは言えません。
そう思いながら実践中です。
でも、楽しんで良いんだと思ったら見えてくる景色が変わりました。

今朝はそんなことをつらつらと考えながら、
夫とジョギングしてきました。
苦しいけれど、景色を楽しむ余裕を持って^^


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨夜放送の、
”世界!ニッポン行きたい人応援団”(テレビ東京)を観ました。
日本の伝統工芸、”組紐”をこよなく愛する、
フランス人女性が渡日。

英語で書かれた本を頼りに、
独学で組紐の技術を習得。
感覚的なモノが分からない…と、
本業の職人さんに付いて学びます。

番組を観ていて、
彼女の組紐に対する情熱がひしひしと伝わってきました。
”組紐”について話す時の幸せそうな表情、
取り組む時の真剣な様子、飽くなき探究心…

好きだからこそ、苦もなく続けられるし、
躓いても立ち止まらず、進み続けられる。
”のめり込む”とはこの事か、と今更ながら思いました。
そんな”のめり込める”対象を見つけた彼女は
とても幸せそうでした。

よく”好きこそものの上手なれ”と言いますが、
”好き”と言う気持ちが、上達には一番の近道です。
そして、不滅の原動力になります。
仕事にした途端好きでなくなった…と言うのは、
それが本当の情熱の対象では無かったのだと思います。


ある本に、
「一個人が世界に貢献できることは、
その人が生まれてきた使命に気づき、それを生きること、
ただひとつ。
それは、”自分のすきなことをやる”だたそれだけ。」と
書かれていました。

人生において、心からの”好き”を見つけられた人は
幸せです。
そして、それは誰でも見つけられるものだと思います。
心にの声に耳をすませ、もう少し自分に正直になれば…^^


おまけ
昨日咲き掛けだった我が家のブラザー・カドフィール。
一日で綺麗に咲きました。

BlogPaint

丸みのある形と、淡い色合いが
とても可愛らしい^^


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

先週の金曜ロードショーで放送された『ANNIE』。
夫が録画しておいてくれたので、
GW最後の日曜日に、家族揃ってお家試写会しました^^

ブロードウェイ・ミュージカル”アニー”を、
現代版に置き換えたミュージカル映画。
思っていたより面白かったです♪

孤児のアニーは、両親との再開を夢見る、
健気に強く生きる女の子。
ひょんな事から、大金持ちのスタックス氏に、
引き取られることになります。

そんなスタックス氏がアニーに発した、
「人生は手持ちのカードで勝負するしかないんだ」と言うセリフ。
考えさせられました。


環境にしろ、資質にしろ、生まれた時から人は、
平等でも公平でもありません。
(そうある”べき”と言われていますが、現実は全く違います。)

でも、配られたカードが例え悪くても、
それで勝負する(生きていく)しかないんです。

手持ちカードが悪いからと不貞腐れるのも、
そこから果敢に挑戦するのもその人次第。
挑戦しなければ何も始まりません。

勝負と言っても、それは世間的な成功である必要はありません。
自分が人生に幸せを感じることが出来れば!


私は、類まれなるセンスも、カリスマ性も持ち合わせていません。
ただ、アクセサリーを作るのが好き。
そして、それが仕事に出来れば…と、奮闘中です。

多少の手先の器用さと、地道な努力、周囲の応援、
と言うカードを使って^^


※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

私は小ぶりで華奢なアクセサリーが好きです。

それは単なる”好み”だと思っていましたが、
先日紹介の”着かた、生きかた”(地曳いく子著)を読んで納得。
(過去記事はこちら→

実際は、体型的にそれが”似合う”から、
無意識にチョイスしていたんです。


私の身長は153cmとかなり低め。
顔の造作も、手足も小さめです。
そんな私に似合うのは、華奢で小ぶりなデザイン。

逆に大振りで派手なデザインが似合うのは、
長身、ハッキリした顔立、ふくよかな女性です。


その他にも、首の太さ、肘の長さや手の大きさなどで、
似合うアクセサリーのデザインやサイズが変わってきます。

地曳いく子さんは著書内に、
”パールやダイヤの大きさはその人が選ぶのではなく、
パールやダイヤの方がその人を選ぶ”
と書いています。


服のサイズを気にする人は多いと思いますが、
アクセサリーも、服以上に体型の特徴を理解して、
選ぶ必要があるようです^^


※私の作品はこちらで販売中です。
1 (80)


※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ