aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

カテゴリ: 暮らし

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

気付けば夏休みも3週目に入り、
お盆も間近に迫ってきました。


長女の学校では、
夏休み中の自由課題(研究)の提出は1点以上。
絵を描いたので、ノルマ(笑)は達成ですが、
もう1点制作することに。

「ミシンで縫い物がしたい!」と以前から言っていたので、
自分用にカバンを作成しました。


表布は2種類の布をはぎ合わせ、
縫い目には飾りのレースを縫い付けます。
裏地付き。

image

自分で大きさを決め、
柄の出方を考えて裁断。
まち針付けからミシン縫いまで、
一応全てやりました。
(手伝ったのは、持ち手と、
仕上げの落としミシンくらい。)

「真っ直ぐに縫えない…」と、
何度もミシンを止めては縫っていましたが、
なかなか上手に出来ました。

初めての制作で、
2枚接ぎはハードル高いかな?と思ったものの、
工程が少し増えるだけ。
2日間で完成しました。
(途中集中力が途切れ、2日間に分けましたが)

しかし、小2でミシンって使えるものなんですね。
「まだまだ無理…」と思って触らせていませんでしたが、
年中さん(しかも男の子)のママから、
「やらせてるよ〜」と聞き、今回踏み切りました。
何でもやらせてみるものです^^


そして、これで終了〜、ではありません!
折角色々寸法計算などしたので、
制作過程をレポートにまとめることにしました。
題して”日常生活に潜む算数”です(笑)

仕上がり寸法に縫い代を足し、
はぎ合わせる布の寸法を計算したり、
沢山足し算引き算が出てきます。

”学校で習ったことが実生活に生きる”
これって、貴重な体験です。
勉強って、何の為にやっているのか見失う時がありますが、
実際の生活に落とし込めれば、
勉強の意味も見えてきます。

長女は、私がこのように計算しながら作っていることに、
正直驚いたようです。
見ているだけじゃ分からないものです^^


さて、カバンは出来上がったので、
レポートの仕上げを明日以降したいと思います。
自由課題は親子の共同作業…、
もうひと踏ん張り頑張ります!


image

今日の娘たちとのお昼ごはんは、
夏休みのお昼ごはんとしてはベタな”冷やし中華”。
きゅうりに、ハム、トマト、カニカマ、卵を乗せて。

一皿で3色の栄養素、全てが摂れます。
子どもたちは、
黄色(炭水化物)、赤(タンパク質)、緑(野菜、その他)と、
大まかな分類を幼稚園で習ってきています。
どれが体のエネルギーになるのか、
血肉になるのか、
一つ一つ確認して食べていました(笑)

最近の子どもたちは、
栄養素についても知っているんですね〜
私の子ども時代とは大違いです^^


※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

昨日は近所で花火大会があり、
見に行ってきました。
夏の風物詩である花火、
やはり1年に1回くらいは楽しみたいものです^^


一昨日長女が埼玉県のかわはくへ行ってきました。
親と離れ、お友達と参加する日帰りバス旅行は今回で2回目。
車窓から手を振る姿に、
7年分の成長を感じました。

たまたま担任の先生の娘さんも参加していて、
思いがけず先生に会えて娘は大喜び♪

素敵な一日になったようです。


この”かわはく”、埼玉県立の川の博物館です。
荒川に程近い、大里郡と言うところにあります。
群馬寄りですね。

車だと関越自動車道”花園I.C”から8分、
電車だと東武東上線”鉢形駅”から徒歩20分となっています。


敷地内には、
展示スペースのある本館、
ウォーターアスレチック”荒川わくわくランド”、
大水車や芝生の広場があります。

かわはくの中で特に楽しかったのが、
何と言っても”わくわくランド”。
これを目当てに参加したようなもの(笑)

ボートを漕いだり、水上の吊橋を渡ったり、
マシュマロのような踏み石で水上を渡ったり…、
兎に角楽しかったようです。

水に落ちる前提の遊びが多いようで、
着替えは必須です。
長女は全身ずぶ濡れになり、
パンツ含め着替えて帰ってきました^^


一日遊べて、
夏の自由研究にもなりそうな、”かわはく”。
今回は長女だけだったので、
次回は家族で行ってみたいな〜と、思っています。



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日から4日間、
長女は短期水泳教室に通います。
運動公園内の屋外プールで行われ、
教室前後には通常開放もあるので、
今日は1時間程次女も一緒に遊びました。

暑い日はやっぱりプール遊びに尽きますね。
アラフォーの私は、
日焼け対策が欠かせませんが(笑)


週末遊びに行った夫の実家で、
素敵なグラスセットを頂いてきました。
HermanMiller社のモノ。
下調べ不足でした。
正しくは、カイ・フランクデザインの、
Nuutajrvinotsjo(1793年創業、フィンランドのガラス工場)製品でした。


50年ほど前に義父がアメリカで買い求めたそうです。
(恐らく、そのお店がHermanMillerのショップだったのだと思います)

image

シンプルなデザインと、
カラフルな色合いがなんとも言えず秀逸。

ガラスの厚みがとても薄く、
唇の当たりが軽やか。
昨夜はビールを頂きましたが、
上品で優雅な気分にしてくれました^^


良いモノとは、
使う人のことを考えられたモノ。
以前会社の上司に、
「本来デザインとは、
暮らし自体を豊かに、
スムーズにするもの」と教わりました。


また一つ、
我が家の暮らしを豊かにさせてくれる、
お気に入りが増えました^^


image

今日の娘たちとのお昼ごはんは、
混ぜずし。
昨夜の手巻き寿司の残りをリメイクしました。

残った酢めしに、
角切りの厚焼き玉子と塩もみしたきゅうりを混ぜ、
鰻をのせて。

思いがけず豪華な昼食に^^

鰻の代わりに、
しらすや、鮭フレークを混ぜても美味しいです。



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

昨日は夫の実家へ。
何だかんだで予定が合わず、
GW以来ご無沙汰していました。

久しぶりに孫の顔を見せることが出来て良かったです^^


最近の関東は、
暑さが一時より大分和らぎ、
過ごしやすい日が多くて有り難いです。
あまり暑いと「どうせ汗をかくから…」と、
メークにもお洒落にも意味をい見い出せなくなってしまいます。

そんな私のメイクは、
元々とっても簡素。
5分で終わってしまいます(笑)

ベースは子どもも使える低刺激で、
簡単に洗い流せる日焼け止めに、
フィニッシュパウダーをのせるだけ。

フィニッシュパウダーは、
リリーロロのモノをリピートして使っています。


リリーロロ(Lily Lolo)は、
イギリスのコスメブランドで、
天然ミネラル成分を使用しているのが特徴です。

全ての製品に、
成分表示がされていて、
使用成分もとってもシンプル。

例えば私の使っているフィニッシュパウダー Flawless Silk。
何と成分は酸化鉄とマイカのみ。

カバー力は少ないですが、
年齢と共に増えるシミはある程度仕方ないと思って、
顔全体が明るく、”くすみ”がカバー出来れば良いと思っています。
※私は成分を吟味した結果、
フィニッシュパウダーを使用していますが、
パウダーファンデーションもあります。
そちらの方がカバー力があると思います。

ブラシで軽くのせるだけなので、
固形やクリームタイプを使用することで出る
笑った時などのシワに悩まされることもなくなりました。

お湯で簡単に落とせるので、
クレンジングも必要ありません。

化粧品は、食品と違い
成分を細かく表示していないところが多いです。
しているところは良心的だと思っていますが、
それでも使用成分の多さにびっくりしてしまいます。

女性の肌は、元々薄くデリケートと聞きます。
肌の強い方は問題なく使えるものも、
刺激に弱い方にはトラブルの原因に。
トラブルを隠そうと更に塗り重ねると、
負の連鎖に陥ります。

メークも楽しみたいけれど、
トラブルも回避したい…
そんな落とし所を見つけたのが、リリーロロの製品。

もし肌トラブルを感じていたら、
一度お試し下さい。
オススメです。


カラーバリエーション豊富な
チークやアイシャドウもありますよ^^


参考までに、
私のシンプルなメーク道具の記事はこちらから→


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日は夫が夏休みを取得。
予定もなく、皆でのんびりとした休日を過ごしています^^


長女の小学校では、
2年生の夏休みから”読書感想文”の宿題が出ます。
人生”初”の課題は原稿用紙2枚。

「初めてなのに、多いな…」と思ったのは、
私だけではないハズ。

長女がこれまで書いてきた文章は、
せいぜい数行。
友達へのお手紙や、
国語で物語について書いたりするくらい。


私自身、読書感想文に良い思い出はありません。
そんな私が的確な指導が出来る訳もなく、
先週の個人面談で、
先生に書き方を教わってきました。


最初に言われたのは、
「”感想文”だからと、本に対する”感想”に固執することはない」
と言うこと。

書き方としては、
◇”本を選んだ理由”(何故その本を選んだのか?)
◇本の感想(本を読んでどう感じたか?)
◇展開
◇まとめ
と進めていくのが良いそうです。

感想だけで原稿用紙が埋まることはなく、
3つ目の”展開”がモノを言います。
◇その本の主人公になってみる(自分だったらどうするか?)
◇実生活に当てはめてみる(実践してみた体験と感想)
◇その他自分なりに調べた情報
など。


長女は、お料理のお手伝いが好きで、
2人の女の子がお料理をするシリーズモノを借りてきました。
作るものは小学生でも作れる簡単なモノ。
飾り付けのアイデアも載っています。

一部既に実践したこともあるので、
それを文章にまとめて、仕上げたいと思っています。


最後に先生から、
「一人で書くのはまず難しいので、
お母さんが質問して思いを引き出してあげてください」
と言われました。


”読書感想文”の宿題については、
ママ友の間でも重荷の一つとして話題に上がっています。
少しでも参考になれば…


こちらこはる通信
小学生低学年向けのワークシートも添付されており、
書き方の参考になります。


image
今日の我が家のお昼ごはんは、
冷やしうどん。

冷たく冷やした細めのうどんに、
錦糸卵、湯で鶏、きゅうりをのせてツルツル頂きました。
大人には薬味も欠かせません!



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ