青い鳥 handmade jewels

”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。   身に着けることで幸せを感じて貰える、 そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、アクセサリーや販売に向けた情報、 日々に感じていることなど発信しています。

カテゴリ: 幸せへの道

私は普段、殆どテレビを観ません。

テレビ欄のチェックもしませんし、
お気に入りの番組も特にありません。

テレビを観ない理由はただ一つ、
”時間がもったいないから”。

確かにテレビを点ければ、
そこそこ楽しい番組をみつけることは出来ます。
でも観た後、時間の経過の割に何も残らないのです。
(時には”ため”になる番組もあります。)

その時間で出来たことを考えると、
とっても損した気分になります。
日々自分の時間を捻出するために、
奮闘していると言うのに…


テレビを観ないコツは、番組をチェックしないこと。
してしまうと、観たくなるし、録画しておきたくなります。

観る場合も、ダラダラみるのではなく
番組を厳選し、集中して観ると良いです。
どうせ観るなら映画館のように、
とことん楽しむつもりで^^

同時進行で何かやろうと思っても、
案外出来ないもの。
どちらも中途半端で、楽しめず、
余計に時間が掛かってしまいます。


個人的にはテレビはなくて良いのですが、
家族の居る身ととしては、
そうも行かず…
自分で”テレビを観ない”選択をしています^^

因みに、子どもの視聴時間は基本30分。
それも、気付かぬうちに好きな番組時間が過ぎていて、
見られないことが殆ど(笑)
当人たちが気付かなければ、私からは声掛けしません。


人生はとても短いモノだとつくづく思います。
去りゆく日々の早いこと!
(年々加速していくかのよう)

やりたいことは沢山、したいことも沢山の私には、
テレビに費やす時間は”ゼロ”で良いのです^^


※私の作品はこちらで販売中です。
1 (80)


※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨日は、またまた1週間ぶりのジョギングへ。
予定が立て込むと、週1,2回走るのがやっとです(汗)


最近、つくづく”継続すること”の大切さを実感しています。

私がminneの販売サイトに登録したのが、去年の6月末。
1年近く経ちます。

少しずつ作品を増やし、写真の撮り方を研究したり、
説明文に手を加えたり、ネット販売の本を読んだり、
日々試行錯誤しています。
途中幼稚園のお祭り向けに制作があり、スローペースになっていましたが…

殆ど手応えのない毎日でしたが、
当初から「6ヶ月は何もなくても頑張ろう!」と思って続けていました。
その6ヶ月後に変化がなくても、
「石の上にも3年!」と…

それが、minneさんの特集記事や、
メルマガに掲載して頂いたのをきっかけに、
沢山の方がお気に入りやフォロワー登録して下さいました。
掲載商品も購入が決定しております。


よく”目標は高いほど良い”と言いますが、
あまり高いとそこまで行く道のりがあまりに長すぎて、
断念しそうになります。
疑心暗鬼に陥ったり、自身喪失したり…

方向性を見失わないように、目標は時々確認。
後は地道に足元だけを見て進むのが、継続するコツだと思います。
更に中目標を設定すると、
時々達成感が味わえ、楽しく進めます^^


ジョギングも先の距離を思うと、
「苦しいから歩いちゃおうかな…」と弱気になって走れません。
ジョギングの意味全くなし(笑)
足元の一歩一歩に集中すると、
最終的にはいつもの距離、たまにプラスα走ることが出来るんです。

あまりに苦しい時には「あそこまで行ったら歩こう」と、
見える範囲のゴールを設定します。
その場に到達したときには「もう少し先、あそこまで!」と。
何度かそれを繰り返している内に、結局走りきっています(笑)


出来ないこと、自身のないこと、まだまだ沢山ありますが、
ブログを見返すと1年間で成長したことが分かります(自画自賛)
これからも地道に一歩ずつ歩んで、目標到達したいと思います!


世間ではGWに突入した方も多いと思います。
(我が家はカレンダー通りです)
楽しい休暇をお過ごし下さい♪


※私の作品はこちらで販売中です。
1 (80)


※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨日は家庭訪問。
小2長女の担任が訪ねて来られました。

年は私と1つ違い。
中学の息子さんと、小学4年の娘さんを持つ先輩ママです。
それだけでも親近感が湧きます^^

一対一でお話してみると、
とっても気さくで、低姿勢な先生。
「元々高学年を受け持っていたので、
低学年の対応に未だ慣れなくて…。
もし厳しすぎたら遠慮なく言ってください。」
とまで言って下さいました。

良くも悪くも、どの先生も教育論について自分の考えを
お持ちだと思います。
なので、なかなか保護者の意見に耳を貸して下さることは
少ないと感じています。


長女の担任の先生は、
娘さんは去年まで登校を嫌がったりして、
とても苦労されたそうです。

それもあってか、
とても熱心で、子供目線。

正直、授業参観ではノートの取り方など、
「大分厳しい、細かい先生だな…」と思いました。
※1年生の先生が大分ゆるい先生なのもあって、
余計に厳しく感じてしまいました。

でも、お話を聞いてみると、
熱心で、子どもを考えているからこその指導だと分かりました。
(高学年になっても子供たちが苦労しないように…)

しっかりした考えと、
子ども目線の工夫が随所に見られます。
とても素敵な先生との出会いに感謝です。


長女は、1年生の時も担任に恵まれ、
「是非今年も!」と思っていました。
担任が変わったと聞いて、心ひそかに落胆したものです。

でも、別れがあるからこそ、
次の出会いがあり、
世界が広がっていくんです。

必ずしも良い出会いばかりではありませんが、
そこから学ぶもの、得るものは必ずある筈です。
色んな考えを学ぶ良い機会です!

後ろ向きだと見落としがちな学びに気付くためにも、
前向きに、新たな出会いを捉えたいな〜と思いました^^


※私の作品はこちらで販売中です。
1 (80)

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

私は、自身の経験から
人生において”鈍感力”の大切さを感じています。

世間ではひたすらに”空気が読める”事が
重視されているように思います。
でも、他人の気持ちや、空気を察しすぎると苦しくなります。
他人の機嫌に振り回される人生になってしまいます。

時に鈍感なくらいが丁度良いのです。

そして、マイナスの空気を感じても、
深刻に受け止めすぎない。
相手の気持ちは相手の問題。
自分がコントロール出来るのは、
自分の気持ちだけ。

こう思うと、
相手が不機嫌でも、
何か言われても、
”相手の感じ方の問題”と捉える事ができます。

誰から見ても幸せな環境に居ても、
不満を抱える人は居るものです。
どんな環境で幸・不幸を感じるかはその人次第。

他人に振り回される人生を生きないためにも、
時には鈍感力も必要です!


幸い、自殺を思い悩むほど
深刻なイジメにはあったことはありませんが、
私も学生時代、”無視”や体育での執拗な攻撃(バレーボールの)を
受けたことがあります。

でも、その時は気づかず(笑)
と言うか、行為自体には気付いていましたが、
その子の機嫌が悪いだけ、
たまたまボールが飛んでくるだけ、
と受け止めてました。

大分経ってから友人から聞いて、あれはイジメだったのかと合点。
当時はその事に思い悩むことなく過ごしました。

その後の職場でも(流石にイジメはありませんでしたが)、
結婚生活でも、この鈍感力で乗り切った問題は多々あります。


我が家の長女ももうすぐ思春期に入り、
人間関係が複雑になってきます。
自分では解決出来ない問題にぶつかった時、
乗り越える方法の一つとして、
この鈍感力のことを話したいと思っています^^


※私の作品はこちらで販売中です。
1 (80)


※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は3ヶ月振りに美容室へ。
長さは殆ど変えていませんが、
大分空いて軽くなり、スッキリしました^^

私は、毛量が多く、湿気で広がりやすい髪質。
3ヶ月も経つと髪全体に重みが出てきて、
収拾がつかなくなってきます(涙)


オシャレにおいて、髪型は重要。
毎日のスタイリングが決まらなくなってくると、
服選びの楽しさも半減。
何を着てもしっくり来ない…

今読んでいる地曳いく子さんの”着かた、生きかた”でも、
「オシャレな人は髪型と足元を大切にしている」
と書かれています。

私は凝った髪型は苦手。
必要最低限のケアや、スタイリングしか出来ません。

今日カットして貰った美容師さんには、
かれこれ5年ほどお世話になっています。
髪質も、私の技術レベルもよく分かった上で、
毎度アドバイス下さいます。

今回も、短く切って段を入れて貰おうかと思ったら、
「これから湿度が高くなるからオススメ出来ません」
とやんわり断られました(笑)
秋頃なら良いそうです^^

雑誌を見れば真似してみたくなる髪型が
沢山載っています。
でも、「この髪型にして下さい」と言ったところで、
モデルさんと顔も髪質、毛量も違う訳で、
仕上がりは頭で思い描いていたものと違うのは当たり前。
私はそう感じて何度も美容室を変えました(苦笑)

結局は、誰かの真似ではなく、
自分に似合う髪型を見つけて行くしかないんだと
最近になって思うように。

髪質や悩みを熟知した上で、
的確にアドバイス下さる美容師さんとの出会いは貴重です。
毎度変えていては決して得られないもの。

アラフォーの美容室選び、
冒険よりも、信頼出来るお店で、
長いお付き合いが出来るかどうかが、
決め手ではないでしょうか。


因みに、帰りに次回の予約を入れておきました。
梅雨時期に入る6月頭。
湿度が高くなり、収拾がつかなくなる頃です(笑)


※私の作品はこちらで販売中です。
1 (80)

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ