aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

カテゴリ:暮らし > 育児

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日は図書館で予約本を引き取りがてら、
あれこれ子どもの本も借りてきました。
長女に5冊、次女に4冊が我が家の定数。

普段は当人たちが好きな本を選びますが、
私一人の時はそれぞれが好きそうな本を探します。
これが結構難しくて…、
内容や絵を見ながら30分位掛けて選びます。


今日は、当人たちが気に入るかどうかは別にして、
親として伝えたいな〜と、
思うメッセージが書かれた絵本を見つけたので借りてみました。

IMG_2937

”I Wish You More"は、
親が子どもに抱く願い事が詰まった1冊。
原文は全てI wish you more … than …と、
比較型式で願いが語られています。
※日本語版はもう少し繋がりを持たせて翻訳されています。

可愛い挿絵と共に、
厳選された言葉で綴られた願いは、
ストレートに響きます。


もう1冊の”教室はまちがうところだ”は、
教室の本来の役割、理想的な教室とは何か…を、
教えてくれる絵本です。

とっても分かり易く、
子どもに読みやすく書かれています。

完璧主義の傾向のある長女に、
是非伝えたい内容!

私がいくら「学校は学ぶところ、
間違っても良いんだよ」と言っても、
納得いかない様子。

段々自立心も芽生え、
私の言うことも素直に聞かなくなってきたので、
絵本で間接的に^^


幼いころは親子の交流に、
少し大きくなってきたら学びの場に、
私の子育てに絵本は無くてはならないものです。



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。


今日は次女の運動会。
次女にとっては、2回目となる今回の運動会。
出場する競技が増え、
今年は年長さんと合同のリレーも走りました。

すっかりお友達との輪に溶け込み、
逞しく競技する姿を見ていると、
1年間の成長を感じます。

引っ込み思案で、
集団生活に際し何かと心配の多かった次女。
そんな不安が嘘のように、
しっかり年中さんしていました(笑)


私たち夫婦に加え、
実家の両親、妹も一家で応援に駆けつけてくれ、
賑やかに楽しく一日を過ごしました♪
我が家の娘たちはとても恵まれています。
祖父母だけでなく、
叔父、叔母、従弟まで来てくれるのですから^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ご訪問ありがとうございます。


2学期が始まり一ヶ月が経ちました。
最近、夏休み以来まだ日常の学校生活に戻れていない子がいると、
知りました。

親子共に辛い時期ですね…
娘たちの成長を考えると、
とても他人事とは思えません。


我が家の長女は小学2年生。
まだまだ幼さが残り、
学級でも特に問題は発生していません。

でも、きっとこれから成長するにつれ、
複雑な人間関係に入っていくでしょう。
その中で理不尽な思いもするでしょう。

「そんな時、自分は何をあげられるか?」と考えた時、
結局は見守ることしか出来ないんだと気づきました。
子育て期で言えば「手を離せ、目を離すな」。

どんなに苦しんでいても、
乗り越えられるのは当人だけ。

私の親がそうして来たように、
何かあればその子の気持に寄り添い、
いかに愛しているかを伝える、
その子の判断を受け入れる…、
母は殆どのことを深刻に受けとめず、
”些細なこと”として”おおごと”にしませんでした。
傍から見たら決して些細なことではなかったのに…
その精神力は私のお手本です。


そして、親が私に用意してくれたように、
娘たちにも楽しく寛げる”いえ”を用意出来たら良いなと、
思っています。
たとえ”そと”で嫌なことがあっても、
家で皆でわいわい言いながら過ごしている内に、
嫌なことも大したことでなくなる…
それが母である私が出来る、
唯一のことなのかも知れません。



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint
今朝の空
うろこ雲が一面に!


ご訪問ありがとうございます。

昨日は突然の誘いにも関わらず、
母と妹親子、仕事後に義弟も来てくれて、
賑やかに過ごしました♪


9月13日は長女の誕生日でした。
誕生日前日〜当日には、
ばぁばや伯母、従兄妹からカードが送られ、
昨日は、祖父母と叔母夫婦からプレゼントまで!

祖父母(実家の両親)からは毎年お金で頂きます。
「何が良いか分からないから、何か買ってあげて〜」と、
言われますが、将来のためにせっせと貯金(笑)

ママ友の中には、
当人たちの思い出になるよう、
双方の祖父母からは”モノでプレゼントして貰う”と、
言う人もいます
(自分たちで選んでも、
「◯◯からだよ〜」と伝えて渡すそうです)

でも、これ以上玩具を増やしたくない我が家では、
両親の心遣いがありがたいのです。
(誕生日に私たち夫婦からと、サンタさんからで十分!)


ただママ友が懸念するように、
お金で頂くと思い出にもならず、
貰ったことすら曖昧になってしまうので、
出産祝いから折々の祝い事、お年玉まで、
頂いたお金は全て”誰から”と、”金額”を記載しています。

将来進学や留学など、
まとまったお金が必要になった時に
通帳と共に渡そうと思っています^^

今朝は、話のついでにそのメモを長女に見せました。
金額はさておき、
生まれてから今に至る8年間に
多くの人の好意を頂いてきたこと、
大切に思われていることなどを伝えました。

長女は一つ一つ丁寧に見ていました。


娘たちには、
周りから沢山の愛を貰っていること。
如何に自分が想われていて、
大切な存在なんだと言うことを、
知って貰いたいと思っています。

これから心身ともに不安定なっていく時期。
自分を粗末にせず、
周りからの愛に少しでも気づければ良いな…と思います。
少しは伝わったかな?


IMG_2859

こちらは軽井沢旅行のお土産も兼ね、
妹夫婦が買ってきてくれたもの。
ノーカラーのGジャンは、
長女が頂いた誕生日プレゼントです。

去年辺りから「Gジャンが欲しい」と言っていた長女。
柔らかめの生地がカーディガン感覚で着られ、
とっても女の子らしい素敵なデザイン。
私が欲しいくらい可愛い❤
いつも妹のセンスは絶妙です^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ご訪問ありがとうございます。

”大型台風の影響で3連休は大荒れ”との予報。
夫の仕事や長女の習い事もあり、
この週末は特に予定を入れていません。

初日の今日は家でのんびり過ごしました。
栗の渋皮煮を2kg分仕込んだり、
家族でuno対決をしたり…

でも、この楽しかったハズのuno対決が、
次女の癇癪で台無しに。


次女は4歳。
unoは以前にも何度かやったことがありますが、
手元を隠すのも、
ルールをしっかり理解するのも、
まだ難しい状態。
にも関わらず、3回目までは1位と、
ずっと好調でした。

それが4回戦目で飽きてしまい、
順番が来ても参加せず、
終いにはカードを投げる始末。
流石に夫が怒り、ゲームは終了〜


末っ子だからか、
性格なのか、
はたまた両方が原因か、
次女は最近よく癇癪を起こします。

些細な事で怒って、
泣きわめき、何を言っても聞く耳なし。
モノに当たったり、長女に当たったり…
一旦スイッチが入ると、
当人もどうしようもないようです。


なだめたりしていた時期もありますが、
同じように振る舞っていた時期のある妹に、
「気を引きたいわけではない」と聞き、
以来とにかく構わず、
嵐の過ぎるのを待つことにしています。
話は落ち着いて聞けるようになってから。
※妹は自分の問題点に気づき、直したそうです。

幼稚園や友達の間ではないので、
一種の甘えなのかな〜とも思うのですが、
自分で上手く気分を切り替えられるようになるしか、
手はないと思っています。

本人が「こんなことに意味はない」と気付き、
自分の心をコントロールするのは自分自身なんだ」と分かって欲しい。
それをどう伝えるか…、
悩ましい問題です。


人は、自分しか幸せに出来ない。
でも、言い換えれば自分なら幸せにすることが出来るんです。
要は気持ちの持ちよう。
幸福に生きるも、不幸に生きるも自分次第なんですよね。

将来、娘たちにもその事に気付いて欲しいと思っています。
より幸せに生きるために…
それには、身近なお手本である私が幸せに生きることですね!
言葉より、行動で示すのが一番の学びになるから。



image

今日は長女のいけばな教室。
花材は、フウセントウワタと、ケイトウ。
ビロードのような感触と、
深い赤色のケイトウは、秋にピッタリのお花です^^


※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ