aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

カテゴリ:暮らし > 考え方


ご訪問ありがとうございます。

今日は久しぶりの快晴^^
溜まった洗濯物を、漸く片付けられました。
雨が続くと、
晴れることの有り難みをつくづく感じます。


今日の午前中は、学校ボランティアで、
本の整理をしに図書室へ。

各家庭から寄贈して貰った本を、
学級文庫へ配れるよう分類したり、
補修したりする作業に参加してきました。


娘の通う小学校では様々なボランティアを募っています。
(公立校はどこも同じかな?)
読み聞かせや、校外学習の付き添いと言った児童と関わるものから、
プール清掃や草むしり、本の補修と言った裏方的なものまで、
多種多様。

生徒数が少なく、アットホームな雰囲気のせいか、
皆さん都合の付く範囲で参加されています。
そして、校長先生、教頭先生も率先して参加下さいます。

私は恥ずかしならが、
今回のボランティアが初参加。


正直、学校のPTAや委員会活動は、
”避けられるものなら避けたい”とずっと思っていました。
PTA活動自体、
共働き世帯の多い現在にはそぐわない制度だと…

でも実際に長女が入学し、
先生始め、色んな方からのサポートを受けるにつれ、
そして実際に委員を引き受けてみて、
学校生活を円滑に進めるには必要不可欠なのだと思い直しました。


そして、「6年間に1度委員をすれば良い」とか、
「◯◯さんは一度も委員活動を引き受けたことがない」とか、
そんなことはどうでも良い事なのだと。

自分の出来る範囲でお手伝いすれば良い。

働いたり、諸事情、また考え方で参加されない人もいるでしょう。
その人たちのことをとやかく言うより、
やれる人で出来るだけのことをすれば良いのかな…と。
人数が集まらなければ活動を縮小することだって出来ます。


そんなことをつらつらと思っていたら、
先日、こんな名言に出会いました。

We make a living by what we get, but we make a life by what we give. 
 by Winston Churchill

人は得るもので生計を立て、与えるもので人生を築く
 ウィンストン・チャーチル(イギリスの61代、63代首相)


アラフォーにして、
”与える”意味に漸く気付きつつあります。
得るものばかりに執着せず、
もっと自分が与えることに頭を使い、
体を使って行きたいなと、思う今日このごろです^^



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日は予報通り暑い一日になりました。
明日は長女の遠足だと言うのに、
10℃以上下がる上に雨予報。
残念だけれど延期になってしまうのかな…


”丁寧な暮らし”
私の憧れであり、
心がけていること。

綺麗に家を整え、
加工品を極力使わず料理し、
家族との時間を大事にする


でも形ばかりに囚われると、
出来なかった時にイライラしたり、
心の余裕がなくなってしまうことに気づきました。

”丁寧な暮らし”と言う理想を追っていたんですね。


本当の”丁寧な暮らし”とは、
その時その時に意識を向け、
最大限味わうこと。
そうすれば、自ずと暮らしは丁寧になっていきます。

追うものではなく、
作り上げるものだったのだと、
漸く気づきました。


家族と向き合い、自分と向き合い、
毎日の生活を実感出来る暮らしが出来れば、
形はどうでも良いのです。

理想を高く持つことは良い事だと思いますが、
結局は一歩一歩着実に前へ進むことでしか
何処へも辿り付くことは出来ないのだと、
改めて気付かされました。



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今朝もどんより曇り空。
気温も低めです。
そろそろ子どもたちの服を入れ替えないと。

長女は暑さと寒さの感じ方が極端。
つい最近まで半袖で「暑い、暑い」と言っていたのに、
急に長袖に薄手のジャンバーを羽織り始めました。
すっかり入れ替えてしまうと、
これからの寒暖差に対応出来ないので、
一先ず半分だけ入れ替えたいと思います。


少し前になりますが、
夫が同僚のバリ土産で石鹸を頂いてきました。
その時夫がふと口にした、
「◯◯はバリに行けて良いな〜」と言うセリフ。
私はその時特に何も感じず聞き流しましたが、
以前の私なら「あぁ、私もどこかへ行きたいな〜」と、
思ったハズです。

誰かが海外へ行ったと聞けば、
「私も行きたいな、◯◯は良いな」と。
知らない人の裕福な暮らしを垣間見ては、
「羨ましいな」と、
思っていました。


でも、少しずつ出来ないことを数えず、
出来ることに焦点を当てていたら、
さほど他人の事が気にならなくなってきました。

旅行に行けないのではなく、
近場で楽しめる場所がある、
子どもたちとのんびり過ごすことが出来る、
などなど…

最終的に”息をすることが出来る”
ところまで行けたら本当に幸せです^^

母の友人で、
肺炎を患い年々肺の機能が落ちている方がいます。
日々の呼吸さえ苦しい、
酸素ボンベが手放せない生活をされています。

私はジョギングをします。
呼吸が苦しくても、
いつか訪れる”楽”があるから乗り越えられるのであって、
ずっとその苦しさから開放されないとしたら…
考えるだけで恐ろしい気がします。

でも、そんな時でも「息をすることが出来る(生きている)」と、
言うことに感謝出来たら、
そんな状況でさえ幸せを感じられるのではないかと思うのです。


そこまで達観出来る日が来るかは定かではありませんが、
そうありたいと思っています^^



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。


今日は爽やかな秋晴れでした。
ふと空を見上げると、
真っ青な空にふわふわと綿のような雲が…
積雲、別名”わた雲”と言うそうです。

実は、この可愛い雲を写真に収めるため、
我が家のある3階から最上階である14階まで上りました。
もちろん階段で(笑)


3階だとまわりの建物や行き交う車ばかりが目立ち、
ざわざわと騒々しいのですが、
歩を進めるに従い、
地上の騒々しさから離れ、
少しずつ空に近くなります。

14階まで上りきると、
遮るものがなく、かなり遠くまで見渡せます。
この景色が好きで、たまに用もないのに上ったりします。
”筋トレ”も兼ねて^^


上りながら景色の変化を眺めている内に、
最近の自分が目先のことばかりに、
因われていたと気づきました。
自分の視野が如何に狭かったか…と。

俯瞰してみたら、
完璧な人生なのに、些細な物事に因われ、
目の前に広がっている美しい景色に気付いていなかったのです。

物事は目線を変えれば大分違って見えます。
ほんの数センチ先を見るあら捜しのような目線ではなく、
俯瞰出来るほど高くから人生を眺められたら、
日々の幸せに気付くでしょう。

そんな目線をもって毎日を過ごしたいな…と、
思った一日でした^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint

ご訪問ありがとうございます。


また1週間が始まりましたね。
先週は色々と用事があり、
バタバタと過ぎて行きましたが、
今週は少し自分の時間が持てそう^^

今日は早速、
ヨガで体のメンテナンスをしてきました。


週末は、家族で近所の秋祭りへ出掛けたり、
甥っ子の初誕生祝に実家へ集まったり、
楽しく、充実した時間を過ごしました。

私にとって、
夫との時間、子供との時間、家族との時間、友人との時間、
どれも大切で、かけがえのないもの。

そして、ひとりの時間もまた貴重なのです。


私は元々独りで何かするのが得意…と言うか、好き。
黙々と作業するのは得意だし、
ひとりのお茶やランチも苦になりません。
むしろ、独身時代は会社帰りによくやってました^^

なので、第一子が生まれた当初は、
”独りきりになれない”のが大きなストレスでした。

今は、子どもたちの手が少しずつ離れ、
時間のバランスが上手く取れるようになってきています。

長女が学校へ、
次女が幼稚園へ行っている間が私の”ひとり時間”。

予定のない日は、
食後にコーヒーと簡単なデザートを頂くのが、
密かな、そしてささやかな楽しみです♪



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ