aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

カテゴリ:暮らし > 考え方

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

物事は捉え方次第だと思っています。

実は、この記事は以前から書こうと思い、手元に温めていたもの。
身近に不幸があってから、より強くそう思うようになりました。

私たちが実際目にしている世界も、人によって違うと言われています。
見えるモノは人それぞれ。

同じ青く澄んだ空の下にいても、幸福を感じる人、存在すら気付かない人、さまざま。
”どれが良いか”ではなく、どう捉えたらより良く自分が生きられるか…
それが重要だと思っています。


レンガ積みの作業をただのレンガ積みと捉える人もいれば、人々が安らぎを求められる教会と言う素敵な建物を立てているんだと捉える人もいる。
後者の人には、将来教会に集う人々の笑顔さえ見えているのではないでしょうか?


物事は捉え方によって180℃変わってくる。

夫を亡くして鬱々とするも、心機一転!と捉えるも自分次第。
私は折角の人生、前向きに生きたいから、後者を選ぼうと思います^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ご訪問ありがとうございます。

予報通り、と言うかそれ以上に関東は大雪になりましたね。
夫は、昨夜通常より1時間以上かけて帰宅。
今朝も1時間以上の5時半には家を出ました。

今日はあちこちで入試もあるようです。
みなさま足元に気をつけてお出かけください。


クラウドファンディング、ネット上での資金集め。
主に事業への投資だと思っていましたが、医療研究費の調達などもあるのですね。

”医療費調達のためにクラウドファンディングを行っている”と言う記事を読みました。

子どもへの治療を充実させるために、ネット寄付の仕組みを活用する病院や医師が増えている。
22日付け朝日新聞38面より引用

そこで具体的に取り上げられていたのが、勝沼先生の臨床研究。
”小児喘息に悩む子が毎日吸入する薬を減らしたい”とする取り組みです。

治すための薬にも副作用はあります。
そして、毎日ケアする保護者の負担も決して軽いものではない。
薬を減らすことが出来たら、当事者と保護者両方のメリットになる!
そんな想いあっての研究です。

実際海外の研究には、”薬を減らす可能性”を示唆した論文もあるそうです。


E99FD340-13CE-4AAE-97ED-6C6B0BAFD8A0



我が家の娘たちが親しくしているお友達の中にも、小児喘息で苦しんでいる子がいます。
朝の出掛けに毎日吸入することの大変さも聞きます。

同じ子を持つ親として、本当に微力ですが応援させていただきました。
昨日の寄付時には、目標額に後50万円ほどでしたが、見事達成されました。
追加寄付も受けているようですので、興味のある方は是非!



何かと負の部分を見聞きすることが多いネット社会ですが、こうして国の助成に頼れないような医療や福祉への取り組みに活用出来るのであれば、あながち悪くものではないですね。
要は利用する人次第^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

子どもたちの冬休みも明け、今日から通常モードです。
新しく年を迎え、やる気は一杯。
でも、何事も一歩一歩ですね。
焦りは禁物です^^


去年は”自分の幸せ”について考えた年でもありました。

どうしたら幸せになれるのか?
どう考えたら幸せになれるのか?


そんな事をあれこれ考えてたどり着いたのが、

今目の前にある幸せに気付くこと。


とっても単純なことでしたw.


今までも十分幸せな環境にいることは分かっていたんです。
でも、もっと幸せになれるんじゃないか、もっと良くなるんじゃないか、と欲張っていました。


時に、向上心は現状に満足することを阻害するように思います。

もちろん、”現状に甘んじて努力をしなくて良い”と言うこでなく、今は今で受け入れる。
今の状況を楽しんで努力していくことが、その先に繋がって行くんだと気づいたのです。


”人の幸せは、
自分をそのまま受け入れられるかで決まる”とは、本田健さんの言葉です。

”幸せ”は誰かに計って貰うものではありません。
物差しは常に自分の中にあるのです。

幸せかどうかは、自分自身で決められる!

そう思ったら、人生が格段に楽しく感じられるように♪

心から信頼出来る家族や友人に囲まれ、健康にも恵まれています。
気付いたら全ては手の中にあったんですね。

まさに”青い鳥”w.
頭では分かっていた物語が、漸くストンと私の心にも落ちてきました^^


※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ご訪問ありがとうございます。

今年も残すところ2日ですね。
今日は家族総出で今年最後の掃除をして、明日はゆっくり年越ししたいと思っています^^


年末は”忘年会”シーズンですが、今年は気になるニュースを何度となく目にしています。

それは、忘年会のキャンセルについて。
予約した飲食店をキャンセルする方は、全体の1割。
問題は、その一割が無断キャンセルだと言うこと…


キャンセル自体は、ある程度仕方のないことだと思います。
急用もあれば、この時期だけに体調を崩すことも。
でも、お店側のことを考えたら、なるべく早めに連絡をするのが、せめてもの誠意です。

無断キャンセルの理由で上がっていたのは、重複予約(別のお店を予約し、一方をキャンセルし忘れる)や、予約忘れ(予約したこと自体忘れる)。
最低限のスケジュール管理が出来ていれば、防げます。


「キャンセルくらい」と簡単に考えてしまうのは、予約した飲食店を”モノ”として見ているからではないでしょうか?
そこには必ず”人”がいて、働く人、その人の予約によって入店出来なかった人もいるのです。
仕入れた食材、作った料理の手間も全て無駄になってしまいます。

そこまで想像出来たら、無断キャンセルなんて出来ないと思うのです。

実際、ニュースで見たレストランでは、大量の料理が既に仕上がっていました。
その店主は、SNSで「お料理が可哀想だから、無料で良いので食べに来て下さい」と、呼びかけ、大勢の方が食べに来て下さったそうです。


お客さんと同様に、お店の人にも感情も生活もあります。
状況が変われば、これが逆転することだってあるのです。

対人関係に必要なのは、”想像力”だと思っています。
”相手の側に立ってみれば、見える風景ががらりと変わる”とは、天声人語に載っていた言葉。

”自分”ばかり主体にせず、相手にも思いを馳せたら、
人間関係がスムーズに動くんじゃないかな…
私はそんな風に思っています^^




※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。


今夜はクリスマス・イブ。
大切な人と共に過ごす方、働かれている方、一人でのんびり過ごす方、
過ごし方は人それぞれ。

我が家は夫が研修旅行のため、
クリスマス・ディナーは明日までお預けです。
今夜は普通の夕食w.

クリスマスのお祝いって、ずっと25日当日するものと思っていました。
プレゼントを貰うのも、
クリスマス・ディナーも25日なんだと…
でも、正確には24日の日没から25日の日没までなんですね。
また一つ勉強しました。


先日の新聞に、
クリスマス・イブのディーナーに、
”カップルお断り”を掲げている某イタリアン・レストランについて、
記事が載っていました。

カップルばかりに焦点を当てた日本の風潮に、
違和感を感じる方も多いのですね。
賛同される方も沢山いたそうです。

独り身の方もいれば、働かなければいけない方もいる。

現にレストランで働く方がいるから、
素敵なディナーが食べられるのです。
お祝いムードを下支えして下さっている方がいることに、
あらためて感謝したいと思います。


そして、
我が家の子どもはまだ小さく、
クリスマスを盛大に祝っていますが、
この風潮に踊らされ過ぎないようにしたいと思っています。

元々クリスチャンでもないですしw.

祝っていられる今もよし、
祝うことのなくなったその時もよし。
そう思えたら良いなと思うのです^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ