aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

カテゴリ:暮らし > 物の持ち方

以前読んだ本の中で、
”誰も悲しまない価格”と言う言葉を見つけました。

その後に、「作り手、流通や販売を担う人が、
搾取されていない、”適正な値段”のモノを買いたい…」、
と言うような文章が続きます。


私は主婦なので、食品や、日用品含め、
ほぼ毎日何かしら購入しています。

家計を預かる身としては、
「少しでも安く買いたい!」と思ってしまいます。
でも、その安さの裏には誰かが悲しんでいるかも知れないんですよね…


例えばバナナ。
栄養価が高く、子どもも大好き。
安いと4〜5本で100円程の、とても買いやすい果物です。

でも、輸入元のフィリピンでは、
バナナの”児童労働”が報告されています。
安さの裏に、
通常より遥かに安い賃金で、
農薬の危険に晒されながら働く子供たちの存在があるのです。


消費者は受け身と思われがちですが、
消費者には、”選択”によって世の中を変えることが出来るんです。
「消費は投票と同じだ!」と言う人がいるくらい、
影響力があります。

正規労働で製産されたバナナに価値を見出す人がいれば、
その作り手は存続できます。
更に、それが主流になれば、
世の流れ自体も正規労働に変わって行く筈。

逆に、安さばかり追求する人ばかりになったら、
例え良いものでも生き残れなくなってしまいます。
結果、不当労働が加速するかも知れません。

話はこんなに単純ではありませんが、
安すぎる物には、
どこかで誰かが犠牲を強いられていると思っています。


そう考えると、
日々の些細な買い物にも、大きな使命を感じませんか?

家計的に、全てを理想の品物にすることは難しいですし、
一人の力は極わずかですが、
応援したい企業から購入したり、
安さだけを追求したモノは買わないなど、
自分の出来る範囲で”消費者の権利”を行使しましょう!
きっと、少しずつ世の中が変わっていきます^^

結果出費が増えたとしても、
そう言う前向きなお金の使い方は、
結果社会全体を良くしていくのではないでしょうか。


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint

これが私のメーク道具全て。
商品のイメージ画像のように撮ってみました(笑)


”極力シンプルで、身軽な生活を”と、目指した結果がこれ↓です。

・パウダーファンデーション(リリーロロ)
・アイカラー(リリーロロ)
・アイブロウ(セザンヌ)
・チーク(セザンヌ)
・リップ&チーククリーム(KATE)
・アイシャドウ(カネボウ)
・色付きリップクリーム(ロート)
※アイシャドウはチップしか使っていませんが、
「使うかも…」とまだ踏ん切りがつきません。


ベースは、子供と兼用の日焼け止めクリームを塗り、
パウダーファンデーションを”はたく”だけ。

クリームや固形のタイプは、
笑った時などに出来るシワが嫌で止めました。
カバー力はあまりありませんが、
肌質が自然に仕上がるので気に入っています。
これにコンシーラーがあると最強かもしれませんね^^

リリーロロのモノは肌刺激が少なく、
水で簡単に落とせるので、
洗顔フォームやクレンジング剤を使わずに済みます。
お手入れも極力シンプルに!


去年の一時期、ファンデーションも口紅もなしの、
”超”シンプルメークをしていましたが、
流石にそこまで削ぎ落とした生活は楽しくありませんでした。
メークする楽しみも重要です♪

沢山アイテムを持っていても、
お気に入りは固定化してきます。
しかも、一度使用した化粧品は劣化していくので、
使い切れないまま消費期限が来てしまいます。

楽しみと、シンプルさを追求し、
私なりにバランスが取れたのが今のメイクアイテム。
普段は10cm四方の空き箱に収納しています。
この量なら旅先に持っていくのも楽です^^


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

長女と交わした昨日のやりとりから、
改めて”家に物を持ち込む際の心構え”について考えました。

昨日は長女が帰宅後、
「登校途中に綺麗な棚を見かけたんだ!」と、話し始めました。
どうやらそれは、毎朝一緒に登校しているお友達のマンションに、
廃棄の為に置かれたもの。
しかも、”この棚どうされるんですか?”と言うメモ付き。
我が家のマンションでも、
たまに処理券なしで放置された粗大ごみを見かけるので、
「勝手に置いていったんだな〜」と推測。

「ランドセル入れるのに丁度良いんだ〜」と言うので、
「明日あたり見に行ってみるよ」と返答しました。
帰宅した夫に早速話すと、「取り敢えず見に行ってみよう」と、
夜更けに二人して目的のマンションへ(笑)

棚は、確かに綺麗で、全面にスライドする棚が付いたしっかりした良品でした。
ただ、既に「近日中に指定業者が取りにきます」と書かれたメモが…
「処分先が決まっているならダメだね〜」と言いながら、
翌日管理人さん経由で聞いて貰おうかな…と思ったりして、
いつしか夫と入手する方向で話していました。

でもよく考えたら、私たち別に棚を探していた訳ではないんです。
ランドセルを置く棚も、簡易ではありますが、入学時に用意したし、
特に収納すべき物も無い…
はたとそれに気付いた私。
危うく”無料”の罠にハマるところでした。

その時の心理の仕組みはこう↓

長女の話を聞いて、「一度見に行ってみようか」と軽い気持ちで考える。
※この時は、入手しようとは真剣に思っていない
    ↓
実際に棚を見て、良品+”無料”(首尾よく譲って貰えれば!)で”入手”のスイッチがONに。
※貰わなかければ”損”と思い始める
    ↓
入手方法や入手後(どこに置こうか…など)のことを考え始める。
※入手のことしか頭にない


冷静に考えたら、
そこそこ大きな棚(幅80cm〜1M)を置こうと思ったら、
スペースを確保するのも大変。
万一「やっぱりいらない」となったら処分費も掛かってしまいます。

少なからずお金を払って入手する時には、
サイズや置く(収納する)スペース、デザインなど、
よく考えてから購入する筈なのに…。
タダであるだけで、いつもの思考が麻痺してしまいました。


”無料”には、
「断って(入手しないで)損をしたくない!」と言う心理が、
通常より強く働くようです。
そして、冷静になって考える要素(価格等)がないだけに、
深く考えずに決断してしまう。
(恐らく、その場で「持っていって下さい」と言われていたら、
持ち帰ってたと思います。)


化粧品のサンプルや、お店のノベルティーなど、
ついつい貰ってしまいますよね。
でも、例え小さな物でも持ち込んでしまうとその分余計な手間と、
収納スペースが発生してしまうんです。
包装を解いて、同封の広告を分別して、収納する。
しかも小さなものでも”ちりつも”なので、
いつの間にか結構なスペースを取っていたりします。

恐るべし”無料”の罠!
私はこれを教訓に、
”家に持ち込むものを厳選した暮らし”をして行こうと、再決意しました。


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ