aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

カテゴリ:暮らし > お出掛け

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。


今日は急に思い立って、
姉親子と上野動物園へ行ってきました。

少し肌寒かった気温も、
お昼頃には半袖で十分過ごせる程まで上がり、
絶好のお出掛け日和に。

東園から西園まで、
ぐるりと一通り見て回り大満足♪


子どもたちのお気に入りは”両性爬虫類館”。
西園の端にある建物内に、
ワニやオオトカゲ、ガラパゴスゾウガメなど大物から、
指の先ほどしかないカエルなど、
多種多様な生き物がいます。

触れ合いの出来る”子ども動物園”は、
整理券制で、お昼過ぎに行った時には当日の配布は終了に。
9:30〜配布開始なので、
こちらがお目当ての場合は、
早めに行かれることをオススメします。
※場所が少し変わっていました。
同じ西園ですが、いそっぷ橋を下りて左手、
不忍池沿いに弁天門の方へ進みます。



お昼ご飯は、
園内の売店はお昼時(11時半で既に長〜い列が…)には混み合うので、
いつも上野駅構内のecuteで調達。
好きなお弁当やパンを買って持ち込みます。
お腹が空いてきたら、
座る場所だけ探せば良いので、
子どもの待ったなしの空腹対策にも◎


明日は”都民の日”。
無料公開日だそうなので、
週末のお出かけに如何でしょうか?

子どもが楽しむ場所と思われがちは動物園ですが、
動物の自由な振る舞いを見ていると、
大人も癒やされます^^
今日はあまりに長く見入ってしまい、
娘たちに「早く先へ行こう」と催促されてしまいました(笑)



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日は3連休の中日に出勤した夫の振替休日。
一緒に次女を幼稚園に送った後は、
久しぶりの夫婦Day^^


先ずは、ジョギングに。
途中歩きも入れながら、
いつもより足を伸ばしてみました。

近場でも、普段足を運ばない場所は新鮮。
新しい発見があり、面白かったです。
娘たち2人が週末のお出かけにも付き合ってくれなくなったら、
夫婦2人で近所をサイクリングして楽しむのも良いかな〜と、
思いました^^
少し先のことですが…(笑)


お昼は、近所のイタリアン・レストランで
パスタランチを頂きました。

冒頭写真は前菜の盛り合わせ。
メインのパスタは写真を撮り忘れましたが、
ホタテとしらすのガーリックパスタ。

そして、こちらがデザートの盛り合わせ↓

IMG_2849

ブラッドオレンジのシャーベットが美味。


歩いて数分の場所に行きつけのお店があるって、
幸せです♪

あちこち開拓するのも良いですが、
通い慣れたお店の、
確実に美味しい食事を頂くと言うのは最高の贅沢だと思います。



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日は爽やかな秋晴れで、絶好のお出掛け日和。
急な思いつきで東京スカイツリーと浅草へ行ってきました。


電車に乗ってみたら乗り換え1回で、30分程。
こんなに近かったのに、一度も来たことがありませんでした。

間近に見えるスカイツリーに、
子どもと一緒にテンションアップ。
いざ展望台へ!とチケット売り場に行ってみたものの、
意外と高い金額設定にびっくり。
(何と大人2,000円超え、家族4人で登ったら6,000円近く掛ることに…)

浅草の水上バスにも乗りたかったので、
今回は展望台を諦め、
その代わり(?)ランチを奮発^^
ソラマチ7Fの”世界のビール博物館”へ。

途中妹一家も合流し、
テラスで昼間からビールを頂きながらお食事してきました。

IMG_2721

開放感のあるテラスでのお食事は、
まるでリゾートに来ているよう…
テラス席は今の季節にピッタリです♪


その後浅草へ移動。
お目当てのシーバスで、
浅草→浜離宮→日の出桟橋→浅草と周遊してきました。

IMG_2722

15:20の最終便に乗ったので途中下船は出来ませんでしたが、
90分程の船旅はまさに”非日常”。
ちょっとした小旅行気分で、楽しいひと時を過ごしました。

4歳の次女は少々飽きていましたが、
長女と私にとってはとても楽しい時間で、
帰宅後も寝るまで「今日は本当に楽しかったね♪」と話していました。


子どもが小さかったこともあり、
今まで近場ばかりで過ごしていましたが、
もうこんなお出掛けが出来るんですね。

そして、
泊りがけでわざわざ遠方に出掛けなくても、
こんな近場で観光が楽しめるなんて、
嬉しい発見でした。


今度は皇居周辺を走る2階建てバスに、
そしていつか日の出桟橋から出向するクルーズにも乗りたいな〜と、
密かに思っています^^




※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

ついに夏休み最終日!
一応宿題は終わっているので、
登校日に忘れ物のないように準備しようと思います。

長女は言われなくても
宿題をキチンとやるタイプなので、
親としては楽ちんです。
その点、次女はどうだろう〜
幼稚園のカレンダーさえ忘れがち…
ピアニカの練習も殆どしなかったし。
これも性格なんでしょうね^^


昨日は実家の両親、妹一家と、
ぶどう狩りへ行ってきました。
車で10〜15分の距離にあり、
数年前に見つけて以来毎年お世話になっています。

しかし、今年はちょっと遅すぎたよう…
木からぶら下がる房がまばらで、
種類も1種類だけになっていました。
例年はもう少し早い時期に、
何度も訪ねるのですが、
その度に鈴なりのぶどうが成っています。

加えて、この夏の長雨で実破れが多く、
早めに収穫、出荷したんだそうです。

それでも、娘たちはそれぞれ1房づつ狩って、
大満足。

”ぶどう狩り”は、
夏の我が家の恒例行事。
食べ物がどのように成っているのか見るには良い機会です。
スーパーへ行けば、
実の大きいぶどうが安く手に入るんですけど(笑)

IMG_2592

早速おやつに。
甘くて、実がしっかりしていて、
美味しいぶどうでした。

夏休み最終日に、楽しい思い出作りが出来て良かった^^
遊びに来てくれた両親と妹一家に感謝!



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

IMG_2452


ご訪問ありがとうございます。

昨日から1泊2日でまたまた実家に。
帰省自体が旅行になる、
田舎の実家も憧れますが、
こうして気軽に来られる距離は本当に有り難いです。


昨日は母と妹、もうすぐ1歳になる甥っ子、娘2人と共に、
ららぽーと TOKYO-BAY内にある、
シルバニア森のキッチンへ行ってきました。

店内にはシルバニアが随所に飾られ、
シルバニア好きにはもちろん、
手遊び付きのミニショーも。
そして、ショーの最後にはキャラクターが各テーブルを回り、
一緒に写真を撮ってくれます。
スタッフの方が撮影してくれるので、
全員でも写れますよ。


今回私たちが行ったのは、ランチ。
11:00〜開店で、70分制です。
メインのお食事を頼むと自動的にブッフェが付く仕組みで、
サラダやスープ、パン類、デザート(綿菓子とソフトクリーム)が食べ放題。
綿菓子もソフトクリームも自分で作れるので、
子どもたちは喜びます♪

ショーの時間は、
70分の制限時間中に必ずどこかで見られるように設定されています。
因みに、ショーの時間は12:00、13:15、14:30

オススメの時間帯はショーの始まる30~40分前。
先に食事を楽しんで、
お腹を満たしてからゆっくりショーを楽しめます。
デザートを取る時間もあり、
子どもたちの「最後にあれ食べた〜い」と言う欲求を
満たしてあげられます^^


昨日は夏休みで混んでいるかと思ったらそうでもなく、
私たちが入った11時台はガラガラ…。
13時近くなって大分席は埋まっていましたが、
一時より人気がなくなったのでしょうか?

今はWEBで”順番予約”と言うシステムもあるそうです。
混雑しそうな週末のお昼などは、
こちらを利用しても良いかも知れません。


メニューは、大人、中学生、小学生、幼児、離乳食と、
細かく分かれています。
今回大人3名、小学生1名、幼児1名、乳児1名で、
9,000円弱。

ショーがあるので仕方ないですが、
ちょっとランチにしては高いかな。

そして、ここは小声で(小文字で)。
お料理のクオリティーは、あまり期待出来ません。
私のパスタは、私が茹でるより雑。
まさかの麺同士が束になっている部分がありました。



レジャー感覚で、
子供の楽しみ優先で行かれるならオススメな場所です。
現に我が娘たちは喜んでいましたよ♪



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ