aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

カテゴリ:暮らし > 自分のこと


ご訪問ありがとうございます。

台風22号は爆弾低気圧に変わったようで、
雨は収まったものの、今も強風が吹き荒れています。
東北、北海道はこれから影響があるそうです。
お気をつけ下さい。


週末土曜日は、幼稚園のお祭り(兼バザー)でした。

雨予報だったにも関わらず、
開催時間帯は殆ど雨が降らず、
多くの方が来場。
有り難いことに、手作り品も殆どが売れ、
「売れ残ったら来年に回そう!」と言う思惑は大外れ(笑)
夫作のサンタさんも、完売でした♪

当日は、急な人員減で忙しかったものの、
久しぶりに会う子、ママ友も居て、
楽しく過ごすことが出来ました♪


実は、前日深夜に夫と”幼稚園バザーについて”議論が白熱。

幼稚園との連携、運営、人間関係、色々問題もあって、
以前から折りに触れ愚痴ったり、
ママ友の置かれている厳しい状況を話していました。

夫には、
「”有志ボランティア”であるはずのお祭りに、
そんなに神経すり減らしてどうするの?」
運営に問題があるなら、
その時に声を上げないと、何も変わらないよ。」と。

「(副班である私は)責任も感じるし、
周りとの協調性も大事だし…」と、私。
更に「愚痴を聞いてもらいたいだけ。解決策は求めていないの!」と、
伝えましたが、
夫は「愚痴は何にも繋がらないよ」と厳しいご意見。
夫婦の会話でよくある”すれ違い”に、
話を聞いてもらいたいだけの妻に対し、
解決策を提示する夫と言うものがあります。

「周りの人のやる気も削がれるし、
指揮も下る。
愚痴からは良いことは生まれない。」と。


その後もあれこれ言った私ですが、
夫の言っていることは全て正論。

私の疑問や不満、改善案を自分自身で抱えている内は、
何も変えられないし、生まないのだと気づきました。


そんな夫婦の会話もあって、
当日は”とにかくお祭りを楽しむ♪”気持ちで臨みました^^
楽しめない程頑張らない!
体力的にはキツい部分もあったけれど、
夫のお陰で、楽しく一日を過ごすことが出来ました。


帰宅後〜翌朝は流石に疲れが出て、
夕食も朝食も夫に任せっきり…
快く食事作りを引き受けてくれました。

時々厳しいことを言う夫ですが、
色々サポート、アドバイスしてくれる、
私の心強い味方。
心から感謝しています(ありがとう)。



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint

ご訪問ありがとうございます。

昨日は市内全域の公立小学校・中学校で、引取訓練。
小学校まで長女を迎えに行ってきました。

学校の指導通り、
通学路の危ない箇所、
登下校中に被災した時の待ち合わせ場所等、
色々話しながら帰ってきました。
普段防災についてあまり話し合わないので、
良い機会に^^


長女が学校の宿題で、”2学期の目標”を書いていました。
A4サイズの用紙に、下まで埋めるように言われたそうですが、
書き足らなくて小さい字で書き直し、
更に枠外にも書いていました。
意識が高い(笑)

色々書いている長女を見て、
私もざっくりと考えていた
今学期の目標を書き出してみることに。


どうも私は、
やるべき事が決まっているのに、見えているのに、
違うことをしたくなるようで…
頭に浮かんだことをやり始めてみたり、
パソコンを開けばまず優先順位の高くない作業や
ネットサーフィンをしてみたり…
”時間がない”と言う割には時間を浪費。

新聞でも、一面を読まなくちゃ〜と思いながら
後ろの社会面から熟読。
肝心の一大ニュースを読むのが最後に…

全く興味がないことをしている訳ではないので、
”嫌なことを後回し”と言うより、
”やらなきゃ”と言うプレッシャーに
負けているんだと思います。


なので、今学期はそれを克服したい!

限られた時間を有効利用するため、
優先順位を可視化するため、
朝一に優先順位の高い作業を5つリスト化することを
習慣付けたいと思っています。
そして、日中娘たちの居ない時間に
優先度の高い作業が1つでも2つでも終われば良しとします。


何でも続けることが大事だと思っています。
変化がないように感じることも、
腐らず丁寧に続けていれば、
いずれ大きな糧に。
時折方向性を見直しながら、
1日1歩でも前に進むことが出来たら、
御の字と思っています^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint

今日は手作り仲間でのランチ&ワイン会。
午前中から夜の7時半まで、
一日ママ友宅にお邪魔してきました^^
(途中、幼稚園のお迎えや、洗濯物を取り込みに帰宅。)

お昼は、とってもお洒落なランチプレート頂き、
夕食はワインに合う”おかず”がずらり。
大人4人、子ども7人で、賑やかに過ごしました。


誘ってくれたママ友は、ワインが大好き。
家にワインクーラーまでありました!
とっても”おもてなし”上手で、
さらりとお洒落な飲み物や、食事を出してくれます。
そして、居心地が良い〜


同じ主婦であり、ママであるお友達と過ごす時間は、
自分のやり方を見直す、又新しいことを知る良い機会です。
普段何気なくしている家事のやり方、子供との接し方など、
自分とは違う方法を知ることで、新たな気付きがあります。
新しいメニューとも出会えます^^

そして、毎度感じるのが、
誘ってくれるお友達の”おもてなしの心”。
私は、気持ち的にも、時間的にも余裕のある時にしかお誘い出来ず、
家にお招きするのはごく稀…
そんな時も、ランチにはお弁当をとったりしています。

気軽に誘ってくれ、そしてランチまでご馳走出来る友人の、
懐の深さには、ただただ尊敬。
私もそんな風に、気楽に人をおもてなし出来たらな〜と、
憧れています。
尊敬出来る人、学びたいと思える人が身近に居るのは幸せですね^^


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨日は夫が出先から直帰だったので、早めに帰宅。
最寄り駅前に開店した”鳥貴族”へ、家族4人で行ってきました。 

実は、開店以来「行きたい」と思いながら、
満席で入れなかったりで、なかなか実現せず…(沈)
漸く念願(夫の)が叶いました^^

”鳥貴族”のメニューは食べ物、飲み物(アルコール、ソフトドリンク)全てALL280円!
メインの串モノは2本ずつ1皿でしたが、長めの竹串に沢山刺さっていました。
材料も国産ですし、コストパフォーマンスはとても良いと思います。

既に行ったことのあるママ友からは、
「鶏しかないから、飽きるかも〜」と聞いていたのですが、
焼き鳥好きな我が家には持ってこいのお店。
軟骨も”ヤゲン”と”ひざ軟骨”があって、それだけでテンションup。
美味しく、楽しく食事してきました^^

そして、まさに私たちアラフォー世代をターゲットにしているのか、
お店のBGM選曲が絶妙!
青春真っ只中に聞いた曲ばかりで、ほろ酔いの私はそれもツボでした(笑)

「是非また行ってみたいな〜」と思うお店でした^^



 ※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint
今日は、長女の通う小学校で”和菓子作り”教室があり、
幼稚園がお休みの次女と参加してきました。
最近の小学校では保護者向け(一部親子向け)に、色々講座があるんですね〜
(私の住む地域だけなのかな…?)
講師は学校の先生ではなく、都度外部の方にお願いするようです。
課外学習として、工場見学に行ったりもします。

今回の和菓子作りの先生は、地元の和菓子屋さんのご主人。
この道40年の大ベテランです。

1時間程で、どら焼き生地を薄く焼いて、粒あんと芋ようかんを巻いたお菓子↓と、
練り切りを作りました。

image

 練り切りは定番の菊(冒頭写真)と、梅を教えて頂きました。
材料は、外側が白餡に白玉粉を混ぜた生地で、中がこし餡。
お家で用意するのは難しいそうで、事前に用意されていました。

練り切りの表面はもちろん、切った時にも美しさがあるそうです。
(2度に分けて包んでいくので、色が層になっています)
楊枝などで少しずつ切りながら食べると一層楽しめると伺いました。

次女も同じ様に材料を用意して頂き、全ての工程にチャレンジしました。
丸めたりは楽しかったようですが、
餡を包んだり、模様を付ける作業は、ちょっと難しかったよう…
でも、自分の作ったお菓子(しかも和菓子)を頂くって、貴重な体験です。
帰宅後、早速食後のデザートに頂きました^^

実は、練り切りは一人3つずつ作りました。(+薄皮どら焼きのお菓子5つ☓2人分)
一家で3つなら1日で食べ切れる量ですが、二人分で6つ。
しかも、夫と次女(甘いものが苦手)は絶対食べない…
冷蔵庫で3,4日もつらしいので、1日1個長女と頂くことにします^^

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ