aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

タグ:アラフォー


ご訪問ありがとうございます。

今日は久しぶりの快晴^^
溜まった洗濯物を、漸く片付けられました。
雨が続くと、
晴れることの有り難みをつくづく感じます。


今日の午前中は、学校ボランティアで、
本の整理をしに図書室へ。

各家庭から寄贈して貰った本を、
学級文庫へ配れるよう分類したり、
補修したりする作業に参加してきました。


娘の通う小学校では様々なボランティアを募っています。
(公立校はどこも同じかな?)
読み聞かせや、校外学習の付き添いと言った児童と関わるものから、
プール清掃や草むしり、本の補修と言った裏方的なものまで、
多種多様。

生徒数が少なく、アットホームな雰囲気のせいか、
皆さん都合の付く範囲で参加されています。
そして、校長先生、教頭先生も率先して参加下さいます。

私は恥ずかしならが、
今回のボランティアが初参加。


正直、学校のPTAや委員会活動は、
”避けられるものなら避けたい”とずっと思っていました。
PTA活動自体、
共働き世帯の多い現在にはそぐわない制度だと…

でも実際に長女が入学し、
先生始め、色んな方からのサポートを受けるにつれ、
そして実際に委員を引き受けてみて、
学校生活を円滑に進めるには必要不可欠なのだと思い直しました。


そして、「6年間に1度委員をすれば良い」とか、
「◯◯さんは一度も委員活動を引き受けたことがない」とか、
そんなことはどうでも良い事なのだと。

自分の出来る範囲でお手伝いすれば良い。

働いたり、諸事情、また考え方で参加されない人もいるでしょう。
その人たちのことをとやかく言うより、
やれる人で出来るだけのことをすれば良いのかな…と。
人数が集まらなければ活動を縮小することだって出来ます。


そんなことをつらつらと思っていたら、
先日、こんな名言に出会いました。

We make a living by what we get, but we make a life by what we give. 
 by Winston Churchill

人は得るもので生計を立て、与えるもので人生を築く
 ウィンストン・チャーチル(イギリスの61代、63代首相)


アラフォーにして、
”与える”意味に漸く気付きつつあります。
得るものばかりに執着せず、
もっと自分が与えることに頭を使い、
体を使って行きたいなと、思う今日このごろです^^



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ご訪問ありがとうございます。

雨が続きますね。
今日の関東は12月並の気温だそうで…
寒いはずです。


つい先日、「安いし買おうかな…」と迷ったものがありました。
なくても困らない雑貨。
でも可愛い❤
しかも、バザーなので破格でした。

手に取り購入しかけた時、
はたと思ったのが「これが500円でも買うの?」と言う疑問。
販売していた値段は100円でした。

高価なものだとリサーチしたり、
決断まで何度も足を運んだり、
吟味するのですが、
安いと判断基準が甘くなりがちです。
”安い”とう言うこと自体が、
買う理由になったりもします。

で、迷った時に思いついたのが、
これが◯◯円(適正価格か、それ以上)でも買う?と自問してみること。


いくら出しても買おうと思うものが、
本当に欲しいものだと気づきました。
”安いから”を取っ払ってみると、
本当に欲しいものが分かります。

もし、購入に迷うモノがあったら、
いくら出しても欲しいもの?と自問してみると、
案外必要のないものを買おうとしていたことに
気付くかも知れませんよ^^



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

幼稚園のメインイベント、
運動会が終わったと思ったら、
次にバザーを兼ねたお祭りが月末に…

毎年お祭りの係をやっている身としては、
今が追い込み(忙しい)時期になります。

私が所属しているのは手作り品を作って売る”手作り班”。
体操袋やお弁当袋、レッスンバックなど子供向けから、
バック類、ポーチ、クリスマス飾りなど、大人向けまで、
多種多様のものを約半年掛けて作ります。

残すところ2週間を切り、
制作物は殆ど仕上がっているのですが、
ここに来て”がま口”作りにハマってしまいました(笑)

毎年出品してくれていたメンバーが卒園し、
「今年はどうしようか〜」と言いながらズルズル…
土壇場になって「やっぱり作ろう!」と決めました。
なので、今頃試作中。

今は便利な世の中ですね〜
100均でもがま口の金具が売っています。
作り方と、型紙付き。
※付属型紙はちょっと可愛さに掛けるかも…

私は個人的に”がま口”が大好き。
革財布の他に、小銭用としてがま口を愛用しています。
でも、何となくハードルが高くて、
作ろうと思ったことはなく、
専ら買う専門。
画像奥の3点は私が愛用している”がま口”たち❤

重い腰を上げてやってみたら、
あら意外と簡単で面白いことに気付いてしまいました^^

しかも私の大好きな”がま口”♪

で、やり始めたら止まらない性格。
ブログが2日間滞った主原因です。

手間が掛るから布を接ぎ合わす必要はないのだけれど、
”やっぱり可愛い方が良い!”と、
布合わせを考え、
形も何パターンか制作中。

バザー用にはがま口財布を制作するだけですが、
接ぎ合わせてぷっくらしたポーチも良いな〜、
娘たちにす”すみっコぐらし”の財布を作ろうかな〜と、
色々妄想中です。

日々の生活が滞らない程度に励みます(笑)



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日は予報通り暑い一日になりました。
明日は長女の遠足だと言うのに、
10℃以上下がる上に雨予報。
残念だけれど延期になってしまうのかな…


”丁寧な暮らし”
私の憧れであり、
心がけていること。

綺麗に家を整え、
加工品を極力使わず料理し、
家族との時間を大事にする


でも形ばかりに囚われると、
出来なかった時にイライラしたり、
心の余裕がなくなってしまうことに気づきました。

”丁寧な暮らし”と言う理想を追っていたんですね。


本当の”丁寧な暮らし”とは、
その時その時に意識を向け、
最大限味わうこと。
そうすれば、自ずと暮らしは丁寧になっていきます。

追うものではなく、
作り上げるものだったのだと、
漸く気づきました。


家族と向き合い、自分と向き合い、
毎日の生活を実感出来る暮らしが出来れば、
形はどうでも良いのです。

理想を高く持つことは良い事だと思いますが、
結局は一歩一歩着実に前へ進むことでしか
何処へも辿り付くことは出来ないのだと、
改めて気付かされました。



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日は図書館で予約本を引き取りがてら、
あれこれ子どもの本も借りてきました。
長女に5冊、次女に4冊が我が家の定数。

普段は当人たちが好きな本を選びますが、
私一人の時はそれぞれが好きそうな本を探します。
これが結構難しくて…、
内容や絵を見ながら30分位掛けて選びます。


今日は、当人たちが気に入るかどうかは別にして、
親として伝えたいな〜と、
思うメッセージが書かれた絵本を見つけたので借りてみました。

IMG_2937

”I Wish You More"は、
親が子どもに抱く願い事が詰まった1冊。
原文は全てI wish you more … than …と、
比較型式で願いが語られています。
※日本語版はもう少し繋がりを持たせて翻訳されています。

可愛い挿絵と共に、
厳選された言葉で綴られた願いは、
ストレートに響きます。


もう1冊の”教室はまちがうところだ”は、
教室の本来の役割、理想的な教室とは何か…を、
教えてくれる絵本です。

とっても分かり易く、
子どもに読みやすく書かれています。

完璧主義の傾向のある長女に、
是非伝えたい内容!

私がいくら「学校は学ぶところ、
間違っても良いんだよ」と言っても、
納得いかない様子。

段々自立心も芽生え、
私の言うことも素直に聞かなくなってきたので、
絵本で間接的に^^


幼いころは親子の交流に、
少し大きくなってきたら学びの場に、
私の子育てに絵本は無くてはならないものです。



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ