昨日の関東は不安定なお天気でした。
漸く太陽が出てきたな〜、と外出したら、
ポツポツ雨が降ってきたり…

そんなすっきりしないお天気の中、
自分の衣料の整理をしました。

冬中お世話になったダウンジャケット、
ウールのセーターやパンツなどをクリーニングに出したり、
さほど着ていないアウターはブラシをあてたり。
”真冬”にのみ着る洋服を、
クローゼットの一軍から外しました。


実は、私は”衣替え”するほど衣服を持っていません。
真夏の水着や部屋着以外は、
全てクローゼット半分(夫と共有なので)に
収まっています。

数年前までは”衣替え”をしていたので、
今の倍量は持っていたと思います。
でも、”フランス人は10着しか服を持たない”を読んでから
すこしずつ減らしていき、今の状態に。
(流石に10着とはいきませんが!)

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~










洋服が減ったからと言って、
オシャレ出来ない訳ではありません。
むしろワンパターンにならないように、
重ね着や小物で工夫します。

以前は、「着る服がない〜」と言っては、
夫に「沢山お持ちですよ!」と言われていましたが、
数は減ったのに、もう「着る服がない!」とは
思わなくなりました。
不思議〜

ワードローブを厳選しておくと、
服を選ぶ手間が大幅に省けます。
選択肢が少ない訳ですから(笑)

そして、収納に余裕があるので
シワが付きにくく、すぐ着られます。
日々やシーズンごとのお手入れも、楽です。

洋服は、数を持っていても、
1軍モノは案外少ないものです。
気に入って着るのは今シーズン買ったものだったり、
サイズ感の良い物だったり。

日々のオシャレをストレスに替えないために、
季節の変わり目の今、
”衣替え”と共に、服の整理、オススメです^^


※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村