aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

タグ:映画

ご訪問ありがとうございます。

先日テレビで、
ピクサー映画の”インサイドヘッド”を観ました。

原題は"Inside Out"、
「裏返し、表裏」と言う意味です。
※邦題の”インサイドヘッド”は、正確な英語ではなく、
「頭の中」と言う意味を表した日本語英語のようです。
英語で言うなら”inside of the head”。


物語は、11歳の女の子、ライリーの頭の中で繰り広げられ、
ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリの5つの感情に、
焦点を当てています。
発想がとてもユニークですよね^^


とてもよく作られていて、
一見子ども向き(アニメーションが)ですが、
普段の感情について、考えさせられる内容です。


誰しも”悲しみ”や”怒り”と言った負の感情より、
”喜び”に満ちた人生を過ごしたいと思いますよね。
かく言う私も^^

でも、人間生きていれば山もあれば谷もあります。
悲しい体験があるから、”幸せ”がより輝きを持ったり、
色んな思いがあるから、人生は面白いんだと思います。

最近は、”負の感情”を良しとしない風潮にある気がします。
悲しい時ほど笑顔で!、楽観的になりなさい!等々。
私も一時期”楽観主義”を目指していたことがあります(笑)


この映画は、「感情に蓋をしても解決にはならない」
と言うことを教えてくれます。

その時の気持ち(悲しみや、イライラ、怒り、嫉妬など)を遠ざけたり、
見て見ぬふりをせず、
受け入れて、
その感情と折り合いをつける。
それが、人を成長させ、
心穏やかに過ごせす近道に繋がると思います。


昨夕は、次女と喧嘩した長女がイライラしていましたが、
「彼女は、今自分の感情と折り合いをつけているんだな〜」と思い、
見守りました。
いつもなら「なに怒ってるの!」なんて小言を言って、
更に長女が拗ねる…と言う負の連鎖に陥るところ…

でも、相田みつおのセリフじゃありませんが、
”人間だもの”怒ったり、イライラもするよね〜と思ったら、
客観的に見られました^^

自分の感情も、他人の感情も、
ありのままを受け入れて行きたいな〜と思っています。
豊田議員の”あの”怒りは”受け入れる”レベルではありませんが(笑)


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

先週の金曜ロードショーで放送された『ANNIE』。
夫が録画しておいてくれたので、
GW最後の日曜日に、家族揃ってお家試写会しました^^

ブロードウェイ・ミュージカル”アニー”を、
現代版に置き換えたミュージカル映画。
思っていたより面白かったです♪

孤児のアニーは、両親との再開を夢見る、
健気に強く生きる女の子。
ひょんな事から、大金持ちのスタックス氏に、
引き取られることになります。

そんなスタックス氏がアニーに発した、
「人生は手持ちのカードで勝負するしかないんだ」と言うセリフ。
考えさせられました。


環境にしろ、資質にしろ、生まれた時から人は、
平等でも公平でもありません。
(そうある”べき”と言われていますが、現実は全く違います。)

でも、配られたカードが例え悪くても、
それで勝負する(生きていく)しかないんです。

手持ちカードが悪いからと不貞腐れるのも、
そこから果敢に挑戦するのもその人次第。
挑戦しなければ何も始まりません。

勝負と言っても、それは世間的な成功である必要はありません。
自分が人生に幸せを感じることが出来れば!


私は、類まれなるセンスも、カリスマ性も持ち合わせていません。
ただ、アクセサリーを作るのが好き。
そして、それが仕事に出来れば…と、奮闘中です。

多少の手先の器用さと、地道な努力、周囲の応援、
と言うカードを使って^^


※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ