aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

タグ:読書

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。


一瞬「ジャポニカ学習帳?」と思った方、
多いかと思います(笑)
発売から40年以上に渡り、
表紙を撮影されてきた方の著書です。
(現在は”お花”のみの写真になってしまいましたが…)

実家の母、お勧めの本なんです。
私に勧めると言うより、
「読んで娘に噛み砕いて説明してあげて欲しい」と言われました。
色んな世界に触れて欲しいと言う思いからでしょうか…?


しかし、世界には珍奇な虫たちが沢山いて驚きます。
蘭の擬態をするカマキリ(表紙写真)、
蝶の幼虫を育てる蟻、糞を処理する糞虫、等々。

小さいだけに、
見つけて生態まで調べるのは至難の技。
それでも、著者が忍耐強く観察を続けた結果、
分かったことが推測も交えて書かれています。


私は子どもの頃から虫が苦手。
母の勧めがなかったら、
この本にも決して手を出さなかったでしょう。

でも生態を知ると、
漠然と苦手だった虫たちに対して、
親近感すら湧いてきます。
彼らにも彼らの生活、世界があるのだと…


最近は毒を持ったヒアリが日本各地で見つかり、
長女も学校で「無闇に虫に触らないように」と言われたそうです。
でも、本来子どもたちは好奇心旺盛なもの。
そこから色々と発展させていくのだと考えると、
闇雲に”No"とは言いたくないのです。

言うなら正しい知識を得てから、
そしてそれを子供と共有してから、と思っています。
”危ないから”で済ませると、
蟻(虫)=危険と言う図式すら出てきてしまうかも知れません。

虫も私たちも自然の一部。
そんな取っ掛かりを作る意味で、
この本はオススメです。
子どもたちと共に、虫たちの世界を覗いてみて下さい^^



今日から3泊4日の予定で実家に滞在します。
娘たちは、従弟たちと遊ぶのを楽しみにしていました。
私は、ちょっと日常から開放されるかな〜と、
期待してます^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日は台風5号の影響で天気が大荒れ…と、
思ったら関東は結局すっきりとした青空になりました。
今回の台風、何度も進路を変えたり、
自然の気まぐれを代表するかのようです。


先週読み終えた、伊坂幸太郎の”終末のフール”。
小惑星の衝突による地球の滅亡を3年後に控えた、
仙台のとある団地に暮らす人々の日常が、
短編で綴られています。

略奪や殺人などの大混乱を経て、
一時的に平穏な日々を取り戻した人々の
それぞれの人生哲学が詰まった物語です。


実際には、ありそうにない設定ですが、
余命宣告などで”人生が区切られる”ことは
現実にもありえます。


人は”先がある”と思うから、
生きることが当たり前に、
有り難みのあるものとは感じられないのだと思います。

でも、死が迫っているとしたら、
突然”生きる”ことが輝いて見えるハズ。


又、時として”生きる”意味を見失ってしまったり、
苦しくなってしまったりしますが、
それは”生きる”意義を問いすぎているのかも知れません。

ただ与えられた環境で生き続けること、
それこそが生きる意味なのではないでしょうか?

そんなことをつらつらと考えられる、
内容の濃い小説でした^^


image

今日の娘たちとのお昼ごはんは、
長女リクエストのたらこスパゲッティ。

牛乳と溶かしバター、
バラした”たらこ”を混ぜたものに、
茹でたスパゲッティを和えるだけ。

とっても簡単で、
材料もシンプル。
失敗知らずの楽ちんメニューです^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint

ご訪問ありがとうございます。

今日は珍しく予定のない一日。
と言っても、長女が13時下校(先生の研修です)なので、
正味4時間^^
借りていた本を返しがてら、
予約本の受け取りに、図書館へ行ってきました。


一番上の”ふたりからひとり”は、
以前紹介したあしたも、こはるびよりのつばた夫妻のその後です。
旦那様である”しゅういちさん”が2015年に亡くなってからの、
英子さんの生活と、お二人の生活観が書かれています。

真ん中の”夜と霧”は、お友達のオススメ。
第二次世界大戦下に、
ナチスにより強制収容所へ送られた経験を書いた自伝です。
著者のE・フランクルは精神科医であり、心理学者。

一番下は”「凛とした魅力」がすべてを変える”。
数年前に話題となった、
”フランス人は10着しか服を持たない”の姉妹本です。


私たち個人が”実際に会える人”と言うのは、
限られています。
でも、本を読めば幾らでも出会いは広がります。
遥か遠くに暮らす人と、
亡くなった人とも会うことが出来るのが、本。

しかも本は、
その著者が全身全霊を傾けて書いたものが殆ど。

私が選ぶ本は、
自己啓発か、暮らしにまつわることが主で、
大分偏っています(苦笑)
一期一会の出会いを大事にしたいので、
なるべく人からのオススメや、
縁あって知ったものも読むようにしています^^


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint

ご訪問ありがとうございます。

人との出会いは一期一会ですが、本もまさにそう。
たまたま読んだブログで、”斎藤一人”さんを知り、
図書館で検索、取り寄せしたのがこちらの本。

斎藤一人さんとは、
”銀座まるかん”(あの有名な”スリムドカン”の会社)の創始者で、
高額納税者番付で連続ランクインした、唯一の方です。

この本は、お弟子さんの”永松茂久”さんによって、
”一人”さんから伝授された教えを、
噛み砕いた形で書かれています。
※松永茂久さんも、様々なビジネスを展開されている、
若手実業家です。


最初は、著者が著者だけに、
ビジネス本だと思っていましたが、
具体的なビジネスの秘訣と言うより、
マインドの育て方、
人生一般における幸福について、
が主な内容です。

教え自体は、
”一人”さんが人生の様々な経験から培った人生哲学に
基づいていて、
意識の持ち方、普段の立ち居振る舞いなど、
どれも即実践出来るものばかり。
モチベーションアップ、
更には人生の意義を見出すには
ピッタリです。

読んでいて、前向きになれる、
人に優しくなれる、
そんな本だと思います^^


※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※ランキングに参加中です。読んだよの印にポチッとして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ