aoi-tori Jewels

毎日の生活に、彩りと幸せを。 ”大人の女性”を意識したアクセサリーを制作しています。身に着けることで幸せを感じて貰える、そんな作品をお届け出来たらと思っています。 作品紹介に加え、日々に感じていることなど発信しています。

タグ:読書

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日から数日間異例の暑さに見舞われるそうですね。
最高気温30℃と言う地域もあるとか。
まだまだ半袖は手放せそうです。


珍しく昨日は、
実家の父と本屋へ行く機会があり、
買おうか迷っていた本をプレゼントして貰いました^^
普段は一人前の顔してますが、
この歳になってもまだまだ父の前では子どもです(笑)


冒頭写真の”NEVER LET ME GO"(邦訳”わたしを離さないで”)、
ペーパーバック、洋書です。

たまたま通りかかった洋書コーナーで、
英語の勉強も兼ねて洋書を読みたいな〜と思って眺めていたら、
”カズオ・イシグロ”の文字が!

ノーベル文学賞を受賞されて初めて知ったイシグロ氏。
早速図書館で予約しよう!(翻訳版を)と、
思っていたところだったので、
嬉しい出会いです。

帯には、
英語学習者のための『レベル別ペーパーバック』と記載があり、
TOEICスコア600点レベルだそう。

久しぶりに
電子辞書片手の読書になりそうです。
少しずつ読み進めていけたら良いな^^


幾つになっても学ぶことは大切。
残念ながら子どもほどの好奇心は無いけれど、
色んなことに興味を持って世界を広げ続けて行きたいな…と、
思っています。
まずは怠けていた英語から〜



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

昨日から10月に突入しましたね。
うっかり幼稚園の衣替えを忘れ、
朝から慌ただしく次女の長袖シャツや帽子を入れ替えました。
次女の紺色のフェルト帽を見ると、
冬が近づいているんだな〜と実感します^^


図書館に予約本が届いていたので、
昨夕子どもたちと受け取りにいってきました。

先日紹介した(→)ウルグアイの元大統領、
ホセ・ムヒカ氏の言葉をまとめた
”世界でいちばん貧しい大統領からきみへ”。
娘たちに読もうと思って借りてきました。

絵と共に、ホセ・ムヒカ氏の生い立ちや、
考え方、幸せとは何か、子どもへのメッセージなど、
優しい言葉で端的に語られています。


もう1冊は、この春映画化された
”ちょっと今から仕事やめてくる”。

ブラック企業に就職した新人が心を病み、
そしてそこから立ち直る様子が
軽快なタッチで書かれています。

引き込まれるストーリー展開に、
先が気になって気になって…、
一気に読んでしまいました^^

多くの人が経験する就職。
日本でも”転職”は多くなってきたものの、
まだまだ”卒業と同時に入った会社に骨を埋める”と言う考えが、
根強いように思います。

一つのところに居続けると言うのは、
専門性が磨かれ、仕事を深められる反面、
他と比べる物差しを持たずに生きることに。
その結果、理不尽な要求があった場合に気付かず、
とことんまで自分を追い詰めてしまいます。
(過剰労働、達成不可能なノルマなど)


仕事に頑張り過ぎて行き詰った人に、
出口の見えないループに陥って貰った人に、
どうにも仕事が辛い人に、
是非手にして貰いたい本です。

軽快な文章とは裏腹に、
本来の幸せ、”働くこと”の意義について
深く語られています。


全くテイストの違う2冊ですが、
人間本来の”しあわせ”とは何か、
皆が”しあわせに生きる”秘訣は何か、
考えるきっかけになる本です^^



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

昨日は爽やかな秋晴れの中、
自転車を走らせて図書館へ。
娘たちのも含め、色々と借りてきました^^


今回、初めて子供向けの詩集を借りてみました。
7名の詩人が綴った、46編の詩が収録されている、
”みみずのたいそう”。

生活のこと、自然のこと、季節のことなどを、
優しい言葉で、テンポよく語りかけてくれます。
子どもの喜びそうな、
”おなら”や”うんこ”についての詩もあります(笑)


私は物心つく頃から傍らにいつも本がありました。
幼少期の記憶は本とセットだったりもします。
きっと母の教育の賜物だったのでしょう。

母は孫にも本好きになって欲しくて、
孫である娘たちが小さい時から
せっせと読み聞かせをしてくれています。
お陰で長女は大の本好き。
新しい本があると、
それが何冊でも、
読み終わるまで何もしなくなるくらい…


そんな私も”詩”には全く馴染んで来ず、
詩集と言うものを手にしたことがありませんでした。
何となく敷居の高い、難解な文学と言うイメージ…

娘には苦手意識を持たず、
色んな本に楽しんで貰いたいと、
今回借りてみました。


読んでみると難解どころか、
自由で楽しいものでした^^
細かい描写がない分、
自由に想像出来、
リズム感のある文体が
声に出すと楽しく感じられます。


この歳にして詩の楽しさを発見しました^^
”みみずのたいそう”は身近なテーマを、
短い文章で謳い上げています。
初めての接する詩集として、オススメです。



※私の作品はこちらで販売中です。
バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。


一瞬「ジャポニカ学習帳?」と思った方、
多いかと思います(笑)
発売から40年以上に渡り、
表紙を撮影されてきた方の著書です。
(現在は”お花”のみの写真になってしまいましたが…)

実家の母、お勧めの本なんです。
私に勧めると言うより、
「読んで娘に噛み砕いて説明してあげて欲しい」と言われました。
色んな世界に触れて欲しいと言う思いからでしょうか…?


しかし、世界には珍奇な虫たちが沢山いて驚きます。
蘭の擬態をするカマキリ(表紙写真)、
蝶の幼虫を育てる蟻、糞を処理する糞虫、等々。

小さいだけに、
見つけて生態まで調べるのは至難の技。
それでも、著者が忍耐強く観察を続けた結果、
分かったことが推測も交えて書かれています。


私は子どもの頃から虫が苦手。
母の勧めがなかったら、
この本にも決して手を出さなかったでしょう。

でも生態を知ると、
漠然と苦手だった虫たちに対して、
親近感すら湧いてきます。
彼らにも彼らの生活、世界があるのだと…


最近は毒を持ったヒアリが日本各地で見つかり、
長女も学校で「無闇に虫に触らないように」と言われたそうです。
でも、本来子どもたちは好奇心旺盛なもの。
そこから色々と発展させていくのだと考えると、
闇雲に”No"とは言いたくないのです。

言うなら正しい知識を得てから、
そしてそれを子供と共有してから、と思っています。
”危ないから”で済ませると、
蟻(虫)=危険と言う図式すら出てきてしまうかも知れません。

虫も私たちも自然の一部。
そんな取っ掛かりを作る意味で、
この本はオススメです。
子どもたちと共に、虫たちの世界を覗いてみて下さい^^



今日から3泊4日の予定で実家に滞在します。
娘たちは、従弟たちと遊ぶのを楽しみにしていました。
私は、ちょっと日常から開放されるかな〜と、
期待してます^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BlogPaint


ご訪問ありがとうございます。

今日は台風5号の影響で天気が大荒れ…と、
思ったら関東は結局すっきりとした青空になりました。
今回の台風、何度も進路を変えたり、
自然の気まぐれを代表するかのようです。


先週読み終えた、伊坂幸太郎の”終末のフール”。
小惑星の衝突による地球の滅亡を3年後に控えた、
仙台のとある団地に暮らす人々の日常が、
短編で綴られています。

略奪や殺人などの大混乱を経て、
一時的に平穏な日々を取り戻した人々の
それぞれの人生哲学が詰まった物語です。


実際には、ありそうにない設定ですが、
余命宣告などで”人生が区切られる”ことは
現実にもありえます。


人は”先がある”と思うから、
生きることが当たり前に、
有り難みのあるものとは感じられないのだと思います。

でも、死が迫っているとしたら、
突然”生きる”ことが輝いて見えるハズ。


又、時として”生きる”意味を見失ってしまったり、
苦しくなってしまったりしますが、
それは”生きる”意義を問いすぎているのかも知れません。

ただ与えられた環境で生き続けること、
それこそが生きる意味なのではないでしょうか?

そんなことをつらつらと考えられる、
内容の濃い小説でした^^


image

今日の娘たちとのお昼ごはんは、
長女リクエストのたらこスパゲッティ。

牛乳と溶かしバター、
バラした”たらこ”を混ぜたものに、
茹でたスパゲッティを和えるだけ。

とっても簡単で、
材料もシンプル。
失敗知らずの楽ちんメニューです^^



※私の作品はこちらで販売中です。

バナー

※更新の励みになります。クリックして頂けると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ